キッチンの水漏れの原因と解決策!自力で解決できない場合の対処

水まわりにトラブルが発生すると、回復するまで日常生活に支障が出てしまいます。キッチンにしても浴室やトイレにしても、毎日何度も使用する場所で生理現象にかかわることもあります。すぐに自分で対処できない場合には専門業者に頼ることになりますが、その際の修理時間はどのくらいかかるものなのか気になります。土日の対応も合わせて、お話しましょう。

つまりトラブルを修理する時間

水まわりのつまりトラブルが発生したら、とりあえず自分で何か試してみる人も多いでしょう。それでも上手くいかない場合、あるいは最初から業者に依頼しようという場合でも、すぐに駆け付けてくれる業者を選ぶことをおすすめします。できれば、30分以内くらいに来てくれる業者だと、最悪の事態をまぬがれることもできそうです。

トイレのつまり

トイレにつまったものにもよりますが、ワイヤーなどで流せる物であれば30分くらいで作業が終了します。便器を取り外すような大掛かりな作業になってしまうと、数時間もかかる場合があります。特に和式の場合は便器を取り外す必要が出てくるため、確実に時間がかかるとみておいたほうがよいでしょう。

中には、芳香剤のキャップがつまって便器を取り外すことになり、6時間ほどもかかったというケースすらあります。ただし、電話をしただけの段階で便器を取り外す必要があると案内するような業者は、疑ってみたほうがよいかもしれません。可能性があるのと必要があるのとでは、話が違います。様々な手段を案内し、なるべく良心的な手段を選んでくれる業者のほうが安心です。

キッチンのつまり

キッチンでは、排水管に油がつまって水が流れにくくなるケースが多数です。油がつまったときは、高圧洗浄機を用いるとスムーズにつまりを解消できます。作業時間も速く、30分ほどで完了するでしょう。汚れも同時に落としてもらえますから、一石二鳥です。排水管のつまりは、こまめにメンテナンスをすることでも防ぐことができます。定期的に洗浄をしてくれる業者を日頃から見つけておくこともおすすめします。

シンク下の水漏れは、排水栓につながったホースが破損していたりつまっていたりする原因が多数です。少量の水漏れでも、放っておくと深刻化してしまう恐れがあり、回復時間も大幅に増えてしまいます。早めの段階で専門業者に相談してみることで、料金も作業時間も節約することができるでしょう。

お風呂のつまり

お風呂場では、シャワーヘッドや吐水口からの水漏れ、つまりなどがよく発生しがちです。それぞれに回復の作業時間は異なり、料金も違ってきます。洗い場や浴槽の排水口がつまっている場合は、修理時間に15分ほどを見ておくとよいでしょう。いずれの場合も、作業時間に加えて片づけの時間に30分ほどかかることがあります。

修理に時間がかかる場合

トラブルの状況が深刻な場合は、修理にも大幅に時間がかかりがちです。

トイレに流せないものを流した

トイレに流せるものは、基本的に排泄物とトイレットペーパーのみです。これらの内容でも量などによってはつまることがあり、他の流せないものを流したときにはさらに状況が悪くなります。専門業者に依頼が多い割合では、トイレットペーパーつまりが断トツだといいます。それでも中には、文房具や携帯・スマートフォンなどを落としてしまった、子供がおもちゃを流してしまったなどの相談があるようです。トイレットペーパーのつまりであればローポンプという器具を使って圧力により解消できる可能性が高く、15分ほどもあれば作業は完了します。薬剤を使った場合なら、30~40分ほどで解消するでしょう。

しかし、トイレには流せないものを流してしまった場合は、便器を外す必要も出てきて90~120分ほど時間がかかることがあります。下水から水や汚物が逆流してきてしまったときには、3時間以上の大掛かりな作業になることもあるでしょう。

・高圧洗浄が必要になった
高圧洗浄が必要になる場合も、つまったものや状況によって作業時間が異なります。最短の作業時間では15分ほどで回復しますが、なかなか落としたものを取り出せない場合や自体が悪化してしまった場合には1時間以上かかる覚悟もしておいたほうがよいでしょう。

・汚物の逆流
汚物がトイレだけでなく下水まで逆流してしまった場合は、半日以上の作業時間を見ておかなければならないこともあります。ときには、日を置いて作業するようなことにもなるかもしれません。

・立ち会いの必要性
業者を呼んだときには、少なくとも開始と終了のときには立ち合いをしたほうがよいでしょう。下水の作業でもなければ、宅内に業者が足を踏み入れることにもなります。何らかの間違いが起こらないように、作業が終了するまで待っていることをおすすめします。集合住宅にお住まいで管理人さんがいるようであれば、立ち合いを代わりに頼んでみることもできるかもしれません。

業者の対応

水まわりのトラブルは、いつ起こるかわかりません。24時間365日使用する場所ですから、困ったときに即時対応してくれる業者がいると助かります。実際、業者はどのような対応をしてくれているのでしょうか。

即日修理がベスト

水まわりトラブルの対応を依頼する業者を選ぶときは、即日修理してくれるところがベストです。見積もりだけとって後日という対応は、誠意がないようにとれることもあります。依頼する側の都合で後日に頼む場合以外は、すぐに来てくれるという業者を優先したほうがよいでしょう。最近では、30分で駆けつけてくれるという業者も増えています。遠慮せずに、すぐに来てほしいと頼みましょう。

即日修理がベストな理由は、事態が深刻になるのを少しでも食い止めるという意味もあります。はじめはそれほど深刻なトラブルでなかったとしても、時間がたつほどに状況が悪化してくる場合があります。すぐに修理してもらったほうが水まわりを使える時間が早まるだけでなく、問題を大きくしないためにも即日修理してくれる業者がおすすめです。トラブルの規模が小さいほど、料金も作業時間も短縮されます。

年中無休から土日休みまでさまざま

専門業者の休日は、業者によっても様々です。昔ながらの土日休みや平日休みをとっているところもあれば、年中無休で対応している業者もあります。最近では、ネットワークがしっかりしていて、最寄りにいる業者がすぐに駆け付けてくれる業者も増えています。水まわりのトラブルは24時間365日いつでも起こり得ますから、年中無休の業者であれば心強いところです。中には、大型連休や年末年始も問わずに対応してくれる業者もあります。場合によっては割増料金となる可能性もありますが、その点は考慮してもよいのではないでしょうか。

専門業者に依頼するときには、事前に見積もりをとったり、日時指定をしないことが安く済ませるコツです。土日や深夜などは割り増し料金を設定している業者も多いことから、少し待っても大丈夫な場合は時間を調整してみましょう。その点も含めて、相談できる業者であれば良心的です。

水まわりのトラブルは、少しでも早く解消したいものです。自分で解決できないトラブルは、専門業者に来てもらうのが頼りになります。24時間365日、いつでもトラブルが起こる可能性がある水まわりのトラブルだけに、柔軟な対応をしてくれる業者が見つかれば助かります。スピーディーに、確実な作業をリーズナブルにしてくれる専門業者を探してみてください。