キッチンの水漏れの原因と解決策!自力で解決できない場合の対処

水回りとひと口にいっても、キッチンからトイレ、浴室、洗面台など、場所によってつまりの原因と対策法は異なります。それぞれに自力で解決する方法があり、パイプクリーナーなどを使った対処法もありますが、それでも効果がなかった場合には途方に暮れてしまうかもしれません。パイプクリーナーを使っても解決できない排水つまりには、どのように対処したらよいのかお話しましょう。

水回り別のつまりの原因

まずは、水回り別に異なるつまりの原因について、見ていきましょう。

台所

キッチンの流し台の下には、排水管が設置されています。多くの場合、排水管が流れにくくなった原因は、油汚れのつまりです。油汚れは日常的に発生し、少しずつ排水管にたまっていきます。油での調理をよくおこなっている家庭では、特につまりやすくなる傾向にあります。流れが悪いと思ったときには、事態が深刻化していると見てよいでしょう。

お風呂

お風呂場では、浴槽や洗い場の流れが悪くなることがあります。原因の多くは、髪の毛などの毛髪や皮脂汚れです。石けんやシャンプーなどのカスがたまることもあり、キッチンと同じように徐々に汚れがたまってこびりついてしまうのが問題になります。皮脂や石けんなども油汚れの一種ですから、放っておくとつまりが深刻化してしまいます。ときには、浴槽から水を抜いたときに排水口から逆流してくるようなこともあるでしょう。

洗面台

洗面台にも、髪の毛や石けんなどのお風呂場と同様の汚れがつまりやすくなります。顔や手から出た皮脂や汚れ、石けんや洗浄料などのカス、髪の毛に加えてヒゲそり後の細かい毛なども流れることがあるでしょう。ときには、小さな固形物が落ちてそのまま流してしまうこともあるかもしれません。排水管には徐々に汚れがたまり、流れが悪くなってきます。固形物を流してしまったときには、つっかいぼうのようになって全く水が流れなくなる恐れもあります。

トイレ

トイレの排水管には、基本的に流してもよいトイレットペーパーや排泄物がつまってしまうこともあります。こうしたものでもつまるのに、流してはいけないものを流したことにより、つまりが発生することもあるでしょう。吐しゃ物、トイレットペーパー以外の紙類、猫砂、おもちゃ、スマートフォン、ペンなどの文房具類もよく流してしまいがちなものです。うっかり落としてしまった場合でも、すぐに対処するのがスムーズな対処につながります。

パイプクリーナーの効果

水回りのつまりの解消をするにあたって、市販のパイプクリーナーを使うこともできます。薬剤を使うのに抵抗がある場合など、まずはパイプクリーナーを使ってみてはいかがでしょうか。

台所

キッチンの流しでパイプクリーナーを使う場合、排水口を取り外して排水管を直接洗うようにします。排水トラップの下に排水管がありますから、直接水を流せる状態に準備しましょう。パイプクリーナーを流すときには、40~50度のお湯を一緒に用いると効果的です。お湯と一緒に流すというよりは、40~50度のお湯にパイプクリーナーをつけてから排水管に流すのです。効果が高まるのは化学反応が起こるためですが、一歩間違うと危険な場合もあります。お湯の温度には気を付けること、パイプクリーナーをお湯につけるのはボトルごとにすることと加熱しないことは最低限の条件です。また、パイプクリーナーの説明書きにお湯につけないようにとあれば、しないことが賢明でもあります。

薬剤を洗浄するときにも、お湯を使うことをおすすめします。汚れはあらかた分解されていても、冷たい水を流すことで汚れが再び固まってしまうかもしれません。お湯を流すことで汚れがとけやすくなりますから、熱過ぎないお湯を流すようにしてみてください。

お風呂

お風呂場でパイプクリーナーを使うときには、換気を十分にするように気を付けてください。他の場所でももちろん重要なポイントですが、特に閉め切りとなりやすいお風呂場では、パイプクリーナーを使って一酸化炭素中毒を起こす人が少なくありません。少しでも気分が悪いと感じたら、家中の換気をして空気の入れ替えをしましょう。

パイプクリーナーを効果的に使うためには、あらかじめ毛髪汚れなどを取り除いておくことをおすすめします。からみついた毛髪は薬剤でもなかなかとけにくいことがありますから、針金などで取り除いておくとそれだけ汚れが落ちやすくなります。50~60度のお湯を使ったほうがよい点は、キッチンと同様です。

洗面台

洗面台は排水口が小さめになっていることが多く、どのくらい汚れがつまっているのかも見えにくいうえに汚れを掻き出すことも難しいでしょう。パイプクリーナーを流したらしばらく時間をおく必要がありますが、手洗いなどで頻繁に使う場所でもあることから、しばらくは水を流さないように気を付けておきましょう。換気も十分にしておくことで、安全に対処できます。

トイレ

トイレの場合は、排水管内部がどうなっているかは全く見えません。パイプクリーナーを使って対処するということも、一般的には少ないでしょう。トイレの便器は陶器で出来ていることから、熱いお湯を流すのも控えめにしたいところです。ラバーカップなどを用いて対処ができない場合は、早めに専門業者に相談してみることをおすすめします。

パイプクリーナーで効果がない場合

パイプクリーナーは、様々な場所のつまりに使用できるだけでなく簡単に対処できるのが便利です。ただ、つまりが深刻化している場合は、パイプクリーナーでも落とせない汚れやつまりがあります。その場合は、どのように対処したらよいのか紹介しましょう。

高圧洗浄による対処法

つまりの度合が激しい場合、また排水管の複雑な位置に汚れがこびりついている場合などに役立つのが、高圧洗浄機です。高い圧力をかけて水を噴射することによって、排水管の中の汚れを洗い流すことができます。パイプクリーナーでも効果がなかった排水つまりでもあっという間に落としてしまうのがメリットですが、問題は一般家庭で常備できるような清掃機械ではないという点です。中には持っているという家庭もあるかもしれませんが、それほど頻繁に出番があるような機械ではないため、高い費用をかけて購入する必要もないでしょう。専門業者には高圧洗浄機を備えているところがあるため、相談してみる価値があります。

業者へ依頼

専門業者に依頼すると、状況と原因に応じた適切な方法で排水つまりを解決してくれます。実力の高い業者を選べば、良心的なアドバイスで解決に導いてくれるでしょう。排水つまりは、放っておくと問題が悪化しかねません。自力で解決しようとしても失敗してしまったり、時間が経過するほどに汚れが固まってしまったりして、専門業者に頼んでも大変な作業になることがあります。つまりを発見したら、早めに相談することで費用も時間もかからない解決をすることが可能です。

排水つまりに気づいたら、まずは原因を探ってみる必要があります。原因がわからない場合も含めて、自力で解決できないと思ったときは、なるべく早めに専門業者に相談してみましょう。相談だけは無料の場合もあり、どうしたらよいかの判断もつけられます。適切な対処を迅速におこなうことで、排水管を長持ちさせることにもつながります。困った問題は、できるだけ早く解決することをおすすめします。