『靴下でトイレ掃除ができるって本当!?』

 

トイレの掃除と聞くと洗剤をつけてブラシで擦るというイメージがあるかと思いますが

今回紹介する方法は、トイレ掃除を靴下で行う方法などです。
靴下で本当に汚れが落ちるの?と疑問に思っている方に是非読んでほしいコラムです。
それでは、まずは靴下でトイレを掃除する方法から学びましょう。

 

 

【トイレの掃除は靴下で解決!?】

 

トイレの便座とタンクの間の狭い隙間の掃除をどうしたらいいか悩んでいる人も多くいると思います。
そんな狭い所の掃除には、靴下を使うと綺麗にすることができます。
ビジネスマンが履いている靴下は、伸縮性もあり隙間にピッタリ入ってくれるので掃除をする際におすすめです。
靴下は、沢山履くと穴が空いたりしていつかは寿命がきてしまいます。
そういった靴下をそのまま捨てるのではなく、掃除用具として使ってから捨てると無駄なく使うことができます。

 

 

【水垢掃除はメラミンスポンジで掃除するのがおすすめ】

 

・メラミンスポンジとは?

メラミンスポンジとは、メラミンフォームが素材となり、メラミン樹脂をミクロン単位でだして固めたものです。
頑固な汚れでも、軽くなぞるだけで落としてくれます。

 

・水栓まわり

水滴がついたまま放置してしまうと水垢となってしまいます。
また石鹸などを使った時にでてくるカルキや石鹸などの白い汚れなども、メラミンスポンジは綺麗に落としてくれます。
汚れを落とした後に水を流して終わりにしてしまう人も多くいると思います。
そのようにしていると、洗っても水垢などはすぐできてしまいます。
そのため洗い終わったらしっかりと水分を拭き取るようにしてください。
しっかり水分を拭き取るだけでも、水垢が出てくるのを抑える事ができるため頻繁に蛇口を洗う必要も無くなります。
この一手間がめんどくさいと思ってしまう人もいるかもしれませんが、綺麗な蛇口を保ちたいのであれば、面倒くさくてもしっかり手間をかけて拭きとる必要があります。

 

・洗面台の水垢掃除に

洗面台の洗い場には、隠れた汚れが沢山潜んでいます。
綺麗に見える洗い場でも、手で触ってみるとザラザラしたりヌルヌルしている場合があります。
その際にメラミンスポンジで磨くと、綺麗でツルツルした洗面台に変化します。
軽く磨くだけなので、誰でも気軽に掃除をする事ができます。
体に害がある成分は一切ないため、お子さんでも安心してお手伝いする事ができます。

洗い終わって水で流したら、洗い場についている水分など綺麗に拭きとってしまいましょう。

 

 

【トイレのノズルの掃除には】

 

 

・トイレ用クリーナー

トイレのノズル掃除は、柔らかいタオルでトイレ用クリーナーを使って綺麗にすることができます。
ノズルを強く拭いてしまうと、傷がついてしまう可能性があります。
そのため優しくノズルを拭いて綺麗にする必要があります。
ノズルをしまっている所から手でだして優しく丁寧に拭いてください。

 

・ノズル穴の掃除も忘れずに

トイレ用クリーナーでノズルを拭いてもノズルから水がでる所の穴は、綺麗にする事ができません。
そのため、ノズルの穴は、使い古した捨てる前の歯ブラシで磨いてください。
ただ、力強く擦ってしまうと、傷もついたり、ノズル自体が変わってしまう可能性も考えられます。
そのため慎重に掃除する必要があります。
こまめな手入れと、丁寧な扱いをする事によって、ノズルが長持ちするかどうかも変わってきます。
細かなところでも丁寧に掃除してあげる事でいつでも綺麗な状態で使い続けることができます。

 

 

今回は身近にあるもので出来るお掃除の方法をご紹介しました。

是非、試して見てくださいね☆