「真空式パイプクリーナって何?」

トイレの詰まりを改善させるグッズの一つに真空式パイプクリーナーがあるって知っていましたか?
初めて聞いたという方もいるかと思います。

後ほど詳しくお話ししますが、真空式パイプクリーナーとは、ラバーカップと形は似ていますが、使用方法がラバーカップよりも簡単です。
今まで、トイレが詰まってもラバーカップが上手に使用できないから一人じゃ治せなかったという方やラバーカップ使えるけれどやりにくいと感じていた方もいるかと思います。
そんな方におすすめしたいのが今回紹介する真空式パイプクリーナーです。

真空式パイプクリーナーをこのコラムをきっかけに使用してみると意外と使いやすくよかったと思うかもしれません。
今日からラバーカップではなく、真空式パイプクリーナーを使用してみる事をおすすめします。
様々な方法で、トイレの詰まりを改善しようとしても解決しない場合は、当社にお気軽にご相談いただければと思います。

真空式パイプクリーナーとは?

真空式パイプクリーナーは、トイレの詰まりを直すことで有名なラバーカップと同じ原理で使用しトイレの詰まりを解消してくれるアイテムです。
水に圧をかけたりする時は、持ち手を引けば圧が掛かり押せば中に溜まってた水や空気を出してくれます。
またラバーカップとの違いは、汚れなどを一緒に吸い込むことはできないということです。
一定の量の水は吸い取ることはできますが、水を貯めたりする筒が極端に大きくないため大量の水や汚れをとることはできません。
不便だなと思うかもしれない商品ですが、実際使用してみると使いやすい商品なので
チャレンジしてみましょう。

・サイズ

真空式パイプクリーナは2種類あります。
小さいサイズと大きいサイズとありますが、トイレの詰まりを直す際は大きい方を選びましょう。
また、ラバーカップと同じ様に洗面台やお風呂の詰まりにも対応している物もあります。
作っている会社によって異なりますが、トイレの詰まりを直すラバーカップなどに付属品をつけて使えたりする物やそのまま1つの商品として使えるものも売っていたりします。
物自体は、完全プラスチックで作られているので重くはありません。
そのため女性でも簡単に持つことができるので、重さの心配などはする必要はないかと思います。

・筒の大きさ

筒の大きさを見ると分かることは、吸引力の強さです。
色んな大きさの真空式パイプクリーナーがありますが、トイレの詰まりを治せるように筒が大きいものを使用します。
筒の小さいものは、洗面台やお風呂場などに使用するもので、用途が異なります。
ものによっては、付属品で用途を使い分けたりする場合もあります。
しっかりと筒の大きさだけじゃなく、自分のトイレに使用できる状態のものなのかも確認して購入して下さい。

 

☆真空式パイプクリーナーの使用方法☆

①真空式パイプクリーナーは、ついている持ち手の所を弄らずにそのまま便器にしっかりと装着します。

②しっかりと押し付けたら、筒もしっかり押さえながら持ち手のレバーをしっかり引っ張ります。

水を吸い取るだけが目的の場合…ポンプと便器を離して持ち手をゆっくり押して中に溜まっている水を出していきます。

水を抜いたり空気を入れたりしたい場合…ポンプを離さず、持ち手を押したり引っ張ったりを繰り返し使用。

この方法はトイレットペーパーが詰まっている時に使用する方法でもあります。
また、何か物が入ってしまった場合などは、引っ張る事を重点的にするなどして工夫して使いましょう。

 

 

ラバーカップでは水跳ねなど気になってしまっている人も多いかと思います。
真空式パイプクリーナーの場合は、筒が動かないで持ち手を動かせばいいだけなので、水跳ねの心配がなくなります。
また、圧力のかける力は、ラバーカップよりも強いので、しっかりと圧力をかける事ができます。

先端はラバーカップと同じ形をしていますが、実際の使い方が取っ手を引っ張ったりするポンプ式なので簡単に使用できます。
ラバーカップを使っても上手くできないと悩んでいる方向けに簡単でやりやすい真空式パイプクリーナーがおすすめなので、ぜひ試してみてくださいね。

 

真空式パイプクリーナー以外にもトイレの詰まりを改善させる方法があります。

その方法が、割り箸や針金ハンガーなどを使って詰まりを直す方法です。
別のコラムで紹介したいと思いますので合わせて読んでいただけると嬉しいです。
真空式パイプクリーナーは簡単に使用する事ができますが、値段が少し高めでもあるため、
安価にトイレの詰まりを改善できる方法を探してみても良いかと思います。

今回、紹介した真空式パイプクリーナーを使用しても、トイレの詰まりが改善されない場合は、トイレの詰まりを直すプロである当社にご相談ください。
高圧洗浄行い綺麗にする事もできます。