『水回りコーティングって何?』

 

今回は、水まわりのコーティングについて詳しくお話しします。

 

 

【コーティングとは?】

キッチン、洗面所、トイレ、お風呂場などの水まわりは、どれだけ頻繁に掃除をして綺麗にしても、すぐに汚れがついてしまい悩んでしまう方が多いと思います。
色んな素材の表面は、見えづらいですが、小さく凹凸があります。
その隙間などにホコリなどが引っかかってしまい、ゴミなどが溜まってしまうので、汚れてしまいます。
コーティングは、そんなボコボコしてしまっている表面を滑らかにして、ゴミやカビや水垢をつかないように保護してくれます。
コーティングにはフッ素コーティングとシリコンコーティングの2種類があります。
次は、この2つのコーティングの違いについて詳しくお話しします。

 

・フッ素コーティング

フッ素コーティングは、フッ素樹脂の皮膜で表面をコーティングします。別名「防汚コーティング」ともいいます。
カビができるのを防ぐことまではできません。
しかし、汚れや水垢などがつくことを抑えてくれて、水分を飛ばしてくれる効果もあるので、綺麗な状態を維持させてくれます。
シンク、洗面台、トイレなどの水まわりは使う回数が日常から多く汚れがたまりやすい所でもあります。
そのため、コーティングすることがオススメです。
フッ素コーティングは、様々な箇所で使う事ができます。
フッ素コーティングは、DIYの知識がない初心者でも簡単に塗ることができる様になっています。
しかし、3ヶ月ほどしか持ちません。
そのため、3ヶ月に1度のペースでコーティングをする必要があります。
定期的にコーティングを行い、綺麗な状態を保つようにしましょう。

 

・シリコンコーティング

シリコンコーティングは、フッ素コーティングとは違いカビができるのを防ぐ防カビ剤が含まれています。
カビから素材を守るだけではなく、汚れや傷までも守ってくれるのがシリコンコーティングです。
このコーティングは、直接目で確認ができるくらいしっかりとコーティングされています。
コーティング効果は、とてもあり、1回のコーティングだけで3年近く効果が持続してくれるので、こまめに塗る必要がありません。
しかし、このコーティングを塗るのには、専門的技術が必要になってしまいます。
そのためシリコンコーティングをしたい場合には、専門業者を呼んで作業をしてもらう必要があります。

 

 

 

 

 

【コーティングの安全性】

カビや汚れなどを抑える為にコーティングをしようと考えている方も多くいると思います。
効果があると言われているものだからこそ、体に害があるのではないかと考えてしまうと思います。
最近では、一般的に売っているものでも業務用のコーティング剤でも、使った後にしっかりと乾燥させていれば、口にしても体には害が出ないようになっています。
安全な成分しかコーティング剤として使われていないので問題はありません。
そして、化学物質のホルムアルデヒドは、シックハウス症候群を発症させてしまう原因でもあります。
最近、使われているコーティング剤には、ホルムアルデヒドは含まれていない物が増えています。
しかし、ホルムアルデヒドを使っていない物が増えていったからといっても、業者やメーカーによっては、ホルムアルデヒドを含んでいるコーティング剤を使っている可能性もあるので、作業をしてもらう前や買う前に成分の確認をしておくと安心です。

 

 

 

 

【こんな方にコーティングはオススメ】

 

・掃除する時間がない人

家庭に小さな子供がいるため、子供の目を離すことができない人や仕事が忙しくて掃除をする時間が無くて困っている人などにオススメです。
一定の期間を過ぎてしまうと効果などは落ちてきてしまいますが、1度コーティングをしておけば、汚れがつきにくくなり、汚れが溜まりにくくなっていくので、汚れがついたとしても簡単に落とす事ができます。

コーティングをせず、頑固な汚れになってしまうと時間をかけて綺麗にしていく必要があります。
そのため、コーティングをしておくだけで掃除の時間の短縮にもなります。
さらに子供がいるから刺激のある洗剤などを使いたくないと思っている方でも、コーティングをしておくだけで刺激性の洗剤を使って掃除する必要がなくなるのでオススメです。

 

 

・新しく家を建てたばかりの方

新たな家を購入した人で、水まわりなどを長持ちさせたいと思っている人は多くいると思います。
そんな人は、家に住む前に業者に頼んでコーティング作業をしてもらうか、入居をしてすぐに自分でコーティング作業をしておく必要があります。
ある程度、使用してからコーティング作業をしてしまうと傷や汚れをつけないように使用をしていても、コーティングをする時点で、傷がついてしまっている場合があります。
その場合は、何をしても傷をなくす事はできません。
その傷の上からコーティング剤を塗っても傷がなくなる訳では無いので、未使用の状態で、コーティングをする事をオススメします。
そうする事で、汚れづらくていつでも綺麗な水まわりを保つことができます。

 

 

 

 

【自分で行う場合と業者に依頼する場合のメリットは?】

 

 

・自分で行う

自分で行う際のメリットは、材料費だけで安くコーティングする事ができる事、そして、ふと気になったところに自由にコーティングをすることができるので楽です。
不慣れな作業でもあるため、説明書をしっかり見て順番通りに作業していく必要があります。
実際に作業する際には、しっかりと事前に確認をするようにしましょう。
コーティングをする際の1番の注意ポイントは汚れです。
元々汚れがついたままの状態でコーティングをしてしまうと、いざ汚れを落とそうとした時に汚れを落とすことができなくなってしまうからです。
そのため掃除をしっかりして汚れをとってから綺麗にコーティングしましょう。
そして洗い終わったら、コーティングをする前に歯ブラシなどの細かいブラシで磨いて隙間に汚れが詰まっていないかもしっかりと確認をするようにしてください。
1番気をつけなくてはならないのは、塗り方です。
一部だけ気になってしまっている人もいるとは思いますが、実際には全体に薄く伸ばしていくのが正しいコーティングの仕方になります。
何もしないで、一部だけコーティングをしてしまうと見栄えも悪くなり、凸凹してしまうので良いとは言えません。
そして、塗る際に薄く均等にコーティングをするのではなく、厚めにして均等にコーティングをしておくのがオススメです。
作業のタイミングは、コーティング剤の量にもよります。
コーティング剤を乾かす時間は少し時間がかかってしまいます。
そのため、コーティングのタイミングは、寝る前や出かける前などにやっておくのが、効率よくできます。
コーティング剤を全部塗り終わって乾かす時には、手で触れたり水滴を垂らさないように気をつけましょう。
乾燥をする時には、水滴が落ちないように対策されているのか確認しながらしっかりと何も問題がない事を確認して、乾燥させるようにしてください。
乾燥させる時も、水滴がこぼれないようになってるのか誰かが間違って触らないかと注意する必要もあります。

 

 

・業者に頼む

専門業者にコーティングを依頼すると、箇所ごとにしっかりとあったコーティング作業を行ってくれます。
また自分で作業するよりも、耐久性に優れています。
そして、防カビ効果のあるコーティングをしてもらえたり自分が望む様に追加のオプションなども追加可能で最高の仕上がりにしてくれます。
どんなにコーティング方法を確認したからといって初心者がしっかりと作業をしていてもコーティング剤がついていなかったりする可能性も考えられます。
しっかりとしたコーティングのやり方を確認しながらやっても不安な人は、専門業者にお願いするのが無難です。
金額も分かりやすく安心して作業を任せられる業者が増えています。
1度だけ専門業者にコーティングをしてもらうと傷がつきにくくなり、そのまま綺麗な状態をキープする事ができます。
1回コーティングすれば3年位はコーティングをする必要がありません。
そのため掃除が苦手な方でも、数年間は、何も対策をしなくても簡単に汚れを落とす事ができるようになっています。
業者に頼むことで、専門知識を備えていて初心者では分からないことにも気を配って対応してくれるので安心して任せることができるのではないでしょうか。
掃除が苦手な方や大雑把な方は、是非コーティングを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

今回は、コーティングについてお話ししました。

当社でコーティングは行っておりませんが、排水口の詰まりや臭いなどの対策はお任せください(^^♪