『水まわりのコーティングを自分でやって困ったことは?』

 

 

水まわりのコーティングを行う事で普段の掃除が楽になるなどメリットがありますよね。
しかし、費用を安く抑えたいため、自らコーティングをする方もいます。
自らコーティングする方がコーティングする際に起こりやすいトラブルについてお話ししたいと思います。
自宅のシンクなどをコーティングをして、日々の掃除を楽にしてしまいましょう。

 

 

【髪の毛やほこりの混入】
コーティングの塗膜にゴミ、ホコリ、髪の毛が入り込んでしまうということが稀にあります。
また、コーティングの乾燥時には水滴も完全にNGになってしまいます。
細心の注意をして作業をしましょう。

 

 

【コーティング剤が素材と密着しない】

稀にコーティングと素材がしっかりと密着されずにとれてしまうということもあります。
それは、素材自体についている汚れやワックスがしっかりと綺麗にされていない事が主な原因と言われています。
素材自体がコーティングと密着しづらい様に加工されてしまっている場合があります。
水まわりの設備やフローリングなどは、日々新しいのが次々と出てきています。
コーティングをする前に、製品とコーティングとの相性が合っているかしっかり確認しておくことをおすすめします。
相性の確認を先にしておくと、コーティングが製品と相性が合うか分かるので、最初からしっかりとコーティングされるのかされないのかが分かり、この事で悩む必要はほとんどありません。
相性は問題ないのに、どれだけやっても綺麗にコーティングされない場合は、コーティングしたい素材にゴミがついている可能性が高いです。
このゴミを綺麗にしてからが、しっかりと綺麗にコーティングできる第一歩とも言えるので、コーティング前はしっかりと汚れをなくしてからコーティングをするのがオススメです。

 

 

【自分のライフスタイルにあわせてコーティングする方法を選ぼう】

ネットでコーティングについて調べると色んな会社が、たくさんの種類のコーティングサービスを提供していることがわかりました。
数多く紹介されてる中には、自分の私生活に合わせたコーティングをしてくれる会社もあります。
コーティングをする時には、自分の生活環境を把握した状態で、ライフスタイルをイメージしましょう。
そこから自分に合うコーティングを探して頼んでみてください。
仕事が忙しい人には、いつでも掃除がしやすいコーティングや素材の輝きをしっかりと出してくれるコーティングなど沢山あります。
家に合う最適なコーティングを見つけてください。

 

 

【自らコーティングをしてもうまくいかない方はコーティング業者に相談しよう】

お金を少しでも浮かせるために自分でコーティングをしていて上手くいかなくて悩んでしまっている方も多くいると思います。
その時は、コーティングの専門業者に相談をしてみましょう。
相談する時は、しっかりと自分がやりたいと考えている希望の内容や作業をする時に最も気をつける必要があることなどを話してみてください。
頼んだ事と作業内容が異なっていないか、しっかりと聞きいれて作業をしてもらてたかなどの確認もしっかりするようにしましょう。

 

今回は、自分でコーティングする際のトラブルについてお話ししました。

当社ではコーティングは行っておりませんが、排水口の詰まりや臭いなどは是非ご相談ください(*^^*)