『排水管の清掃業者ってどんな作業をするの??』

 

排水管清掃・高圧洗浄のエース

 

前回の記事で、排水管が詰まってしまったときに自分で解決できる方法をお話しました。

ただ、素人では無理な状態だったり、壊してしまわないか不安で専門の業者に依頼したい方向けに

「排水管清掃の専門業者はどんな作業をするのか?」

を今回はお話したいと思いますので、現在、業者による排水管清掃を検討されている方は是非、読んでみてくださいね(^^)/

 

 

【ローポンプ】

急なトイレのつまりのときに一般家庭で真っ先に浮かぶのがスッポン(ラバーカップ)ではないでしょうか?

こちらのローポンプはスッポンの5倍近くの圧力をかけることができる器具です。

排水管にこびり付いた汚れには不向きですが、ペーパーつまりなどに効果は抜群です。

小回りがきき、電源も不要、そして音もしないのでマンションや深夜の詰まりの応急処置のときに役に立ってくれます。

ただ、あくまでつまりを解消するためのものなので、排水管そのものに尿石などの頑固な汚れがこびりついている場合、高圧洗浄の方がオススメです。

 

 

 

 

【トーラー】

トーラーってあまり聞き馴染みのない言葉ですが、排水管清掃の方法としては、非常にポピュラーな方法です。

ワイヤーの先にヘッドと呼ばれる金属の部品が付いていて、回転させることで汚れた詰まりを除去することが出来ます。

ヘッドは付け外しが可能で、様々な形や用途のものがあり目的に合わせたものを使用します。

フードプロセッサーやミキサーをイメージしていただくと分かりやすいかもしれません。

手動と電動のものがあります。

電源が必要ない手動タイプのものは小回りがきくので狭い場所や営業中の店内などに向いています。

電動のものは手動のものよりはパワーがあり、尿石や頑固な汚れを砕くことができます。

しかし、その反面、老朽化している管などには破損の可能性があるので使用できないことも…。

力任せではなく、排水管の状態や詰まりの原因等によって使い分けています。

 

 

 

 

【内視鏡カメラ(ファイバースコープ)】

管内用の内視鏡カメラです。

つまりを除去、清掃するにあたって一番大事なのは原因を知ること。

原因が分からなければ適切な作業ができないので、何が原因でどんな作業が必要かを見極めていきます。

つまりの場合は、いきなりカメラを入れても水が濁っていて見えないことが多く、先に高圧洗浄をしてからカメラを入れることが多いです。

ちなみにカメラで見た管内はこんな風に見えます。

とてもハッキリ見えますね!

入口からどのくらいの所で詰まっているかも右上に表示されている数字で分かるので、的確な作業をするのに一役買ってくれます。

排水管清掃には無くてはならない道具の一つです。

 

 

 

 

【高圧洗浄機】

高圧洗浄車が駐車できない場所で活躍するのが業務用の高圧洗浄機です。

こちらの機械を軽自動車に乗せて伺い、必要によっては機械をおろして作業します。

高圧洗浄車には劣るんじゃないの?と心配される方も多いですが、一般家庭などに使用するのには問題ありません。

もちろん、最高水圧は高圧洗浄車の方が上ですが、排水管の大きさや強度によっては一般家庭で最高水圧を出すことは殆どありません。

こちらの高圧洗浄機でも十分綺麗になりますので、ご安心ください♪

 

 

 

 

【高圧洗浄車】

当社自慢の高圧洗浄車です。

圧力が最大で24.5Mpa、水量は1分間で62ℓ出すことが出来ます。

とはいえ、24.5Mpaの圧力と1分間で62ℓと言われてもよく分からないですよね。

簡単に説明しますと、1Mpaは1m×1mのスペースに100tの重さが加わることです。

例えるならば、畳一枚の半分くらいのスペースに自動車が100台分の重さです。

コイン洗車機にある洗浄機は6Mpa~8Mpaですので24.5Mpaが相当な威力ということが分かっていただけると思います。

また、水量ですが、ご家庭の水道の蛇口を全開にした状態が大体1分間で20ℓですので、3倍近い差があります。

強力な水圧が出るのも納得ですね!

水圧は加減ができるので、排水管の状態や汚れ具合によって調整して作業しています。

 

しかしながら、地中や壁の中に埋まっている配管は肉眼で見ることができないので、本当にちゃんと汚れが落ちるのか疑っている方も多いのでは?

そんな方のために、分かりやすい写真をご用意いたしました☆

 

【Before】

汚いですね!

詰まってはいないけれど、この状態に甘んじていたら後々つまります。

こびりついた汚れからは悪臭も漂います。害虫も発生しやすくなり、不衛生です。

これに高圧洗浄をすると…

 

 

【After】

まるで同じものとは思えないくらい綺麗になりました♪

汚れや経年具合によっては落ちない汚れもあるのですが、やらないでそのまま放置しているよりは確実に良くなります!

ただし、高圧洗浄は非常に強い水圧で行うので、築年数が経っている建物や排水管の状態によっては破損などの可能性があるため、作業出来ない場合も…。

その場合は先に紹介しましたローポンプやトーラーなど、使用できるものを使って作業しております!

※あまりにも排水管の劣化が激しい場合などは作業をお断りする場合もございますので、予めご了承ください。

 

 

いかがでしたでしょうか?

この他にも頑固な尿石汚れには薬剤を使用したり、お客様の「困った…」を解決できるように頑張っています!

当HPの清掃作業事例でも、どんな作業をしたかご紹介しておりますので、是非ご覧になってくださいね(^^)/

 

 

今回は排水管の清掃作業ってどんな作業をするのかをお話いたしました♪

 

是非、参考になさってください。