『排水管が詰まったときにどうしたらいい?』

 

 

普段、目に見えないけれど無いと困るものってなんでしょうか?

酸素でしょ!という現実的な意見もあれば、愛かな?だなんてロマンチックな意見もあるかしれません。

ですが、今回はその中でもまさに縁の下の力持ちの排水管についてのお話をしたいと思います。

 

仕組み等について詳しく知りたい方は、

下水道、浄化槽、汲み取り式トイレのあれこれ

意外と知らない!?マンホールの話

この辺りの記事や清掃作業事例がオススメです!

 

 

【もし排水管がなかったらどうなっちゃうの?】

 

 

 

まず、トイレが流せません。

そして、お風呂は水浸し、キッチンのシンクの水は溜まっていくばかりで溢れてしまいます。

雨水管がなければ屋根からの水がお家の周りにナイアガラの滝のように降り注ぎ、雨が降れば降ったぶんだけ道路に溜まるので川のようになってしまいます。

排水だけに限った話ではないですが、普段当たり前のように使っているものも無くなってしまったら、それはそれは不便なのです。

電気、ガス、水道(給水)は言わずと知れたライフラインで生きていくために必要不可欠という意識はありますが、排水は衛生的に暮らすために必要なものなのです。

汚いなぁ…と避けがちな排水、下水ですが、しっかり管理して使うようにしましょう。

 

 

 

【排水管がつまる原因】

 

原因が何かによりますが、何かを落としたなどの記憶がなければ以下の原因が考えられます。

 

・トイレ→トイレットペーパーの流しすぎ、尿石、外部のマンホールでのつまり

・キッチン→油汚れ、生ゴミ、外部のマンホールでのつまり

・お風呂→髪の毛、シャンプー等のカス汚れ、外部のマンホールでのつまり

・洗面台→髪の毛、洗面台周辺に置いてあるコンタクト用品等、外部のマンホールでのつまり

・洗濯機の排水→洗濯機本体のフィルター汚れ、繊維クズ、髪の毛、ほこり、外部マンホールでのつまり

・家の水回り全ての流れが悪くなった→外部のマンホールでのつまり

 

イレギュラーなものもありますが、当社が作業した中で多い例です。

ご覧の通り、外部がつまると排水すべてに異常が出てくることが多いので、全体的に流れが悪くなってきたら外部でのつまりで殆ど間違いないかと思います。

この場合、マンホールを自分で開けて作業するのは危険ですので、すぐに専門の業者を呼んでください。

 

 

 

 

 

【つまったときの自分で出来る対処方法】

 

・トイレ

トイレットペーパーの流しすぎ→スッポン(ラバーカップ)を使う、専用ワイヤーを使う

尿石→専用洗剤を使う

 

・キッチン

油汚れ→手の届く範囲はスポンジ等で落とす、50度前後のお湯を一気に流す

生ゴミ→ワイヤーを使う

 

・お風呂

髪の毛→ワイヤーやパイプ用洗剤をつかう

シャンプー等のカス汚れ→専用洗剤を使う

 

・洗面台

髪の毛→パイプ用洗剤を使う

コンタクト用品等の異物→工具の扱いに慣れているのであれば排水トラップを外して除去

 

・洗濯機の排水

洗濯機本体のフィルター汚れ→お使いの洗濯機の説明書をご覧になるか、エラーコードをネットで検索すると解決方法が出てきます

繊維クズ、髪の毛、ほこり→ワイヤーやパイプ用洗剤を使う

 

以上が詰まってしまったときに自分で出来る解決方法です。

専用洗剤の他に重曹やクエン酸などを使用して除去する方法もございます。

 

 

☆参考記事☆

頑固な尿石の掃除が苦手な方必見!尿石の掃除のあれこれ

自宅で解決!ラバーカップを使わないで詰まりを直す方法はある?

 

 

それでも無理なら専門の業者を呼びましょう。

また、洗面台の排水トラップの取り外し等もそうですが、自分でやりきる自信がないときはやめましょう。

すぐに業者を呼んでいたら大したことがなかったものも自分でやったばっかりに壊したり、悪化させてしまい、莫大な修理費用がかかってしまうことにもなりかねません。

やめといた方がいいかな…と思ったらやめといた方がベターです。

 

 

今回は排水管のつまったといにどうしたらいいかについてお話しました。

次回は専門の業者に頼んだとき、どんな作業をするのかご紹介したいと思います。

 

是非、読んで参考にしていただければ幸いです。