『排水溝掃除をするならパイプユニッシュ』

 

 

 

今回は、手軽に買えるパイプユニッシュについてお話ししたいと思います。

 

 

【パイプユニッシュってなに?】

パイプユニッシュは、排水口のパイプを綺麗にするためのものです。
食べカス、油汚れなどの詰まりや髪の毛の詰まりなど色んな埋まりを綺麗にしてくれるクリーナーです。
シンクを綺麗にしているのに、悪臭がとれなかったりする場合は、パイプの中で詰まっているものなどが原因で悪臭がしている可能性もあります。
詰まりの悩みも悪臭の悩みもパイプユニッシュがあれば解決してくれます。

 

・パイプユニッシュの成分

パイプユニッシュ1つで色んな埋まりを解消してくれるので、なにか強い物を含まされているのではないのかと思う人も多くいると思います。
普通のクリーナーにも入っている水酸化ナトリウムと次亜塩素酸塩の2つが主な成分として含まれています。
この2つには、それぞれに役割があります。
水酸化ナトリウムはタンパク質を溶かす、次亜塩素酸塩は強い漂白と殺菌効果があります。
詰まりの原因になりやすい髪の毛は、タンパク質のため、クリーナーに含まれている水酸化ナトリウムが多ければ多いほど溶かしてくれます。
普通に売られているカビ取り剤や詰まり解消のクリーナーには、水酸化ナトリウムが0.5しか入っていないですが、パイプユニッシュには1.8も入っています。
そのため、普通のクリーナーで解決できなかった悩みでも、パイプユニッシュを使えば、普通のクリーナー以上の効果が期待できるかもしれません。

 

 

・パイプユニッシュの使い方

パイプユニッシュの使い方はすごく簡単です。
詰まりを解消させたい所にパイプユニッシュを入れます。
入れる量などは場所によって違うので、分量を確認して入れてください。
30分ぐらい放置します。
しばらく置いておくことで汚れに液が浸透してくれて、詰まりを解消してくれます。
時間が経ったら、勢い良く水を流せば終わりです。

 

 

 

・パイプユニッシュを使用する際の注意点

使い方を間違えてしまう人が多いですが、使い方には気をつける必要があります。
注意すること3つを紹介していこうと思います。

①時間
長い時間置いておくとより一層効果が期待できると勘違いしている人がいますが、置く時間を長くすると良いという訳ではなく、逆に溶けかけている汚れが固まってしまう可能性があります。
そのため、時間は15分から30分までの間で置いておくようにしましょう。

②溶かせない物もある
髪の毛や垢や紙などは、溶かすことができますが、歯ブラシなどの固形物を溶かすことはできません。
詰まらせている物が固形物の場合は、パイプユニッシュを使うのではなく、排水口から直接出す方法しかありません。
取りやすい所なら良いのですが、取りづらくて自分ではどうしようも無い場合には、無理して自分で取ろうとはせずに専門の業者さんに頼んだりしましょう。

 

③酸性のものと混ぜない。
パイプユニッシュは塩素系です。酸素系の洗剤などと混ぜて使用してはいけません。
混ぜてしまうと、体に害が出てしまうガスが発生してしまいます。
絶対にやめましょう。
必ず商品のボトル等を確認してから使用するようにしましょう。

 

 

パイプユニッシュで改善されないような詰まり、汚れでしたら、当社にご相談ください!!