『引っ越したその日にやりたい!水回りの裏技!?』

 

 

 

もうすぐ新年度。

引っ越しをされるという方も多いのではないでしょうか?

出来れば、引っ越したばかりの綺麗なお部屋を維持したいですよね!

そこで、今回は”引っ越したその日にやりたい!水回りの裏技”についてお話したいと思います。

 

 

 

 

①排水口に丸めたアルミホイルを入れておく!

排水口と言っても直接入れては詰まるので…

このような水切りかごの中に入れましょう。

お風呂の排水口に使用する場合は流れないように排水口専用ネットなどに入れましょう。

丸めるサイズはあまり大きすぎると排水が悪くなってしまう恐れがあるので、500円玉くらいのサイズ以内がオススメです。

 

何故、丸めたアルミホイルを入れると良いのかというと

アルミホイルは水に触れるとアルミニウムイオンというものが発生し、細菌やバクテリアの発生を防ぐ効果が…!

「別に料理しないしなぁ…」と思っている方も、水垢やヌメリは水道を使用していれば溜まるものなので是非やっておきましょう。

あくまで、防ぐものなので、汚れる前の綺麗なときに入れておくことが肝心です。

※既に汚れてしまっている場合は、一度汚れを落としてから行うと同様の効果が得られます。

 

 

 

 

②お風呂にはカビ予防の燻煙剤をしておく!

 

テレビのコマーシャルやスーパー等でも見かけるお風呂用燻煙剤。

害虫駆除のお部屋用のものと同じで、引っ越して荷ほどきをする前にやるのがオススメ!

引っ越したばかりの時は物もなく、薬剤が付着しないように片付ける手間もないですし、害虫やカビが発生する前に行うとバリアのように高い予防効果が得られます。

もちろん、一度やったら今後何もしないでOKというわけではないですが、何事も最初が肝心。

最初の一手間で今後のお手入れがグーンと楽になります♪

梅雨に入る前のカラッとしたこの時期は絶好のチャンス!!

引っ越ししたときにやっておくこととしては、筆者のイチオシです。

 

 

 

 

③洗面台やお風呂にはゴミ受けを設置しておく!

 

特に髪の毛に特化したものがオススメです。

髪の毛でなくても、糸くずや石鹸カス、ピアスなどの小さいアクセサリーや洗剤のキャップなどを誤って落としてしまったときにキャッチしてくれます。

当社が作業していて洗面台、お風呂の排水溝の詰まりの原因で一番多いのは髪の毛

次にアクセサリーや歯ブラシのキャップなどの異物です。

ということは、この二種類をおさえておけば、洗面台とお風呂の排水トラブルおきる可能性が減るということ!

100円ショップでも売っていますので、忘れないうちに買って置いておきましょう。

髪やゴミが溜まるのが目に見えるので、自然とお手入れするようにもなります。

石鹸カスやキャッチできない細かい汚れ用にパイプ用洗剤も常備しておくと安心です。

 

 

 

④トイレに重曹を置いておく!

出ました!料理にも使え、水回りの掃除にも効果を発揮する万能すぎる粉、重曹。

専用洗剤より安価で購入することができて、人体にも優しいので常備しておいて損はありません。

スーパーや100円ショップでも手に入るので、気軽に使用できますね。

重曹を空のペットボトルや容器などに入れて置いておき、数日に一回タンクの中に大さじ1杯くらいの重曹を入れるだけ。

これだけで、タンク内が綺麗になり、更に便器内を流れる水も重曹水になるので黒カビ等の予防になります。

「タンク内にいちいち入れるのは大変だな…」

「うちはタンクレスなんだよな…」

そういった方は専用のスタンプ洗剤がオススメです!

良い香りもして、流すたびに便器内の汚れ予防になるのでやるとやらないでは大違い!!

今は色んな種類があるので、選ぶのも楽しいですね(^^♪

引っ越ししたての綺麗なときにやって、汚れを防ぎましょう。

また、詰まってしまった時に使うスッポン(ラバーカップ)も忘れずに購入したいところです。

つまりが酷くなる前に!

対処できるよう準備しておきましょう。

 

 

 

今回は、引っ越してすぐにやっておくと楽になる水回りのあれこれについてお話しました。

なんでも最初はちょっと面倒くさいなぁと思いがちですが、その”ちょっと”をやっておくことで、後々だいぶ楽になります。

ズボラ、掃除が苦手、掃除が嫌いな人にこそオススメな方法ですので、是非、試してみてくださいね☺✨