『和式トイレのメリットとデメリット』

 

 

 

ほとんどが洋式トイレに変わりましたが未だに残っているのが和式トイレですよね。
今回は、そんな和式トイレのメリットとデメリットについてお話ししたいと思います。

 

 

【和式トイレの歴史と減少した理由】

 

・和式トイレの歴史

日本の和式トイレの歴史は古くからあります。
形も少しずつ変化して、今に至っています。
今使われている陶器製の和式便器はいつ頃作られたか知っていますか?
今現在も使われている和式便器が作られ始めたのは、1900年に入ってからでした。
1904年に日本で初めてとなる和風水洗大便器と洋風小便器が作られたと言われています。
洋風小便器は明治時代に、ヨーロッパから取り入れられてきてはいました。
明治時代当時では日本では衛生面に対応されてる陶器研究は、まだ進んでいませんでした。
そのため日本製の便器が出回るということはなく、欧米の会社から便器が取り入れられていました。
それから10年後の1914年には、どんどんと研究が進んでいって、製陶研究所製水洋式便器が日本で初めて市場に出されるようになりました。
それから少しずつ改善されながら、今もどんどん進化しながら新しい便器がどんどん出来てきています。

 

・減少した原因

昭和30年代ぐらいまでは和式トイレが主流でした。
ですが1959年に日本住宅公団が、洋式トイレを採用し始めました。
これがきっかけで、今まで和式トイレが主流だったのが洋式トイレに、どんどん変わっていきました。
その後に浄化槽や上下水道の設備が整ってきて、今では温水洗浄便座や節水機能が付いているトイレなどが増えてきています。
1980年頃までになると洋式トイレが浸透していき、和式トイレを使っているところは減っていきました。
洋式トイレのメリットが話題になり、出荷量は洋式トイレが和式トイレを上回る結果が出てくるようになりました。
そう考えると、和式トイレにはメリットは無いのではないかと考えてしまいがちですが和式トイレならではのメリットもあるのです。

 

 

【和式トイレのメリット】

 

・掃除が楽

和式トイレは、洋式トイレと比べて形がシンプルで、掃除もしやすく出来ています。
トイレの床が、タイルだと一緒にまとめて綺麗にすることも出来てしまうのです。
便器が深く作られていないので、用を足した時に水跳ねしにくくなってます。
そのため周りに、汚れが飛び散る心配もなくなります。

 

・排便しやすい

和式トイレを使う場合は、しゃがんでします。
この姿勢は、背骨が真っ直ぐ伸びて力が入りやすくなります。

 

・価格が安い

洋式トイレよりも構造がシンプルの和式トイレは、金額面でも優しい値段で売られています。
公共施設やスーパーなどでは洋式トイレと和式トイレ両方を使っているところはまだ多く、和式が完全になくなるのはまだまだ先になりそうですね。

 

・お尻が汚れない

和式トイレは便器に座らずに、少し浮かせて使用するため、おしりが汚れる心配はありません。
潔癖症で他人が使ったあとのトイレを使用したくない人でも、触れる心配はないので使用することが出来ます。
ですが便器に触れなくても、別の取手やトイレットペーパーのケースなどは、どうしても触れなければならない部分が出てくるのは変わりありません。

 

 

【和式トイレのデメリット】

 

・悪臭

便座が浅い分、便を出した時の臭いを出してしまうのが1つ目のデメリットになります。
掃除をサボってしまうと、トイレの室内で悪臭が充満してしまう可能性があります。
そのため臭いを気になる人は、こまめに掃除をして、便器内だけではなくて壁などに付いている臭いの元もしっかりと落とすようにして置くと、変な悪臭もしない気持ちいいトイレを持続させることができるようになります。

 

・見た目

和式トイレは蓋が無いので、中身も周りも丸見えの状態になってしまいます。
そのため、衛生面ではいいとは言えません。
中身を隠すことが出来るフタなどがないと、中を綺麗に維持する必要があります。

 

・詰まり

和式トイレは溜め込みやすいタイプです。
そのため詰まりやトラブルが起きてしまったら、都度しっかりとトラブルを解消させましょう。
放置すると詰まりを直すことが出来なくなってしまい、便器交換やリフォームまでする必要が出てきてしまいます。

・水跳ねしやすい

便座自体が浅いとどうしても、水が跳ねやすくなってしまいます。
トイレ掃除をしている時や、トイレを使い終わって水を流すの周りに水分を飛ばしてしまっている可能性もあります。
水分が周りに飛び散らかしてしまうので、汚れやすいといえます。

 

・妊婦さんや高齢者には辛い

メリットで、筋肉を上手く使うこと効果があるとお話しました。
ですがお腹の中に子供を宿している妊婦さんや、足の筋力が衰えてきてしまっているおじいちゃんおばあちゃんには、辛い姿勢になってしまいます。
また妊婦さんの場合の和式でトイレを使い続け、負担になってしまっている人もいると言われています。
無理をしすぎると、出産に影響が出てきたりしてしまうため、妊婦さんやおじいちゃんおばあちゃんには、洋式トイレを使用した方が負担にはなりません。

 

今回は、和式トイレのメリットとデメリットについてお話しました。

当社では和式トイレの詰まりも承っております。お気軽にお電話やメールなどにてご相談ください(*^^*)

お待ちしております!