『ラバーカップ以外に詰まりを直せるグッズ』

 

 

 

詰まりを直すグッズと言えばラバーカップ以外のもたくさんのグッズがあります。
しかし一つや二つではないため、おすすめのグッズをいくつか紹介したいと思います。

 

 

【真空式パイプクリーナーがオススメ!】

真空式パイプクリーナーは、トイレの詰まりを直すことで有名なラバーカップと同じ原理で使用しトイレの詰まりを解消してくれるアイテムです。
水に圧をかけたりする時は、持ち手を引けば圧が掛かり押せば中に溜まってた水や空気を出してくれます。
またラバーカップとの違いは、汚れなどを一緒に吸い込むことはできないということです。
一定の量の水は吸い取ることはできますが、水を貯めたりする筒が極端に大きくないため大量の水や汚れをとることはできません。
不便だなと思うかもしれない商品ですが、実際使用してみると使いやすい商品なので
チャレンジしてみましょう。

・サイズ

真空式パイプクリーナは2種類あります。
小さいサイズと大きいサイズとありますが、トイレの詰まりを直す際は大きい方を選びましょう。
また、ラバーカップと同じ様に洗面台やお風呂の詰まりにも対応している物もあります。
作っている会社によって異なりますが、トイレの詰まりを直すラバーカップなどに付属品をつけて使えたりする物やそのまま1つの商品として使えるものも売っていたりします。
物自体は、完全プラスチックで作られているので重くはありません。
そのため女性でも簡単に持つことができるので、重さの心配などはする必要はないかと思います。

・筒の大きさ

筒の大きさを見ると分かることは、吸引力の強さです。
色んな大きさの真空式パイプクリーナーがありますが、トイレの詰まりを治せるように筒が大きいものを使用します。
筒の小さいものは、洗面台やお風呂場などに使用するもので、用途が異なります。
ものによっては、付属品で用途を使い分けたりする場合もあります。
しっかりと筒の大きさだけじゃなく、自分のトイレに使用できる状態のものなのかも確認して購入して下さい。

 

 

~真空式パイプクリーナーの使用方法~

真空式パイプクリーナーは、ついている持ち手の所を弄らずにそのまま便器にしっかりと装着します。
これで下準備は終わりです。
しっかりと押し付けたら、筒もしっかり押さえながら持ち手のレバーをしっかり引っ張ります。
水を吸い取るだけが目的の場合は、ポンプと便器を離して持ち手をゆっくり押して中に溜まっている水を出していきます。
また、水を抜いたり空気を入れたりしたい場合は、ポンプを離さず、持ち手を押したり引っ張ったりを繰り返した使用するようにできていて、この方法はトイレットペーパーが詰まっている時に使用する方法でもあります。
また、何か物が入ってしまった場合などは、引っ張る事を重点的にするなどして工夫して使いましょう。
ラバーカップでは水跳ねなど気になってしまっている人も多いかと思います。
真空式パイプクリーナーの場合は、筒が動かないで持ち手を動かせばいいだけなので、水跳ねの心配がなくなります。
また、圧力のかける力は、ラバーカップよりも強いので、しっかりと圧力をかける事ができます。

よくある普通のラバーカップは、ただ押したり引っ張ったりして使用しますが、今では少し変わった形の真空式パイプクリーナというものがあります。

真空式パイプクリーナは2種類あります。
小さいサイズと大きいサイズとありますが、トイレの詰まりを直す際は大きい方を選びましょう。
また、ラバーカップと同じ様に洗面台やお風呂の詰まりにも対応している物もあります。
作っている会社によって異なりますが、トイレの詰まりを直すラバーカップなどに付属品をつけて使えたりする物やそのまま1つの商品として使えるものも売っていたりします。

ラバーカップと異なる所は、吸引力の強さです。
色んな大きさの真空式パイプクリーナーがありますが、トイレの詰まりを治せるように筒が大きいものを使用します。
筒の小さいものは、洗面台やお風呂場などに使用するもので、用途が異なります。
ものによっては、付属品で用途を使い分けたりする場合もあります。
しっかりと筒の大きさだけじゃなく、自分のトイレに使用できる状態のものなのかも確認して購入して下さい。

真空式パイプクリーナーは、ついている持ち手の所を弄らずにそのまま便器にしっかりと装着します。
これで下準備は終わりです。
しっかりと押し付けたら、筒もしっかり押さえながら持ち手のレバーをしっかり引っ張ります。
水を吸い取るだけが目的の場合は、ポンプと便器を離して持ち手をゆっくり押して中に溜まっている水を出していきます。
また、水を抜いたり空気を入れたりしたい場合は、ポンプを離さず、持ち手を押したり引っ張ったりを繰り返した使用するようにできていて、この方法はトイレットペーパーが詰まっている時に使用する方法でもあります。
また、何か物が入ってしまった場合などは、引っ張る事を重点的にするなどして工夫して使いましょう。
ラバーカップでは水跳ねなど気になってしまっている人も多いかと思います。
真空式パイプクリーナーの場合は、筒が動かないで持ち手を動かせばいいだけなので、水跳ねの心配がなくなります。
また、圧力のかける力は、ラバーカップよりも強いので、しっかりと圧力をかける事ができます。

先端はラバーカップと同じ形をしていますが、実際の使い方が取っ手を引っ張ったりするポンプ式なので簡単に使用できます。
ラバーカップを使っても上手くできないと悩んでいる方向けに簡単でやりやすい真空式パイプクリーナーがおすすめなので、ぜひ試してみてくださいね。
真空式パイプクリーナー以外にもトイレの詰まりを改善させる方法があります。

 

 

 

 

【詰まりを直すワイヤーもオススメ!】

詰まりを直すワイヤーは、ラバーカップや真空式パイプクリーナとは違い圧力をかけずに詰まりを治します。
どうやって詰まりを治すのかというと、詰まりの原因となる汚れの塊を砕いて流しやすくするという確実な方法で詰まりを解消してくれるアイテムです。
また同じような名前で売り出されていても、使う場所が異なれば意味がありません。
しっかりとトイレ専用のワイヤーを買うようにしてください。
また、ワイヤーの事についてお店の人に聞いても、上手く説明できる人はそこまでいないと思います。
しっかり自分でワイヤーについて調べてどのような物が良いのか、確認してみてください。

 

・ワイヤーを選ぶ時の注意点

ワイヤーには、排水溝の中が詰まっている時に使うワイヤーと、トイレが詰まっている時に使うワイヤーの2種類があります。
購入する際は、間違いなくトイレが詰まっている時に使うワイヤーを購入してください。
トイレが詰まっている時に使うワイヤーは、他の用途のワイヤーよりも、太く作られていて、そこまで大きくありません。

先ほどもお話ししましたが、詰まりを改善させるワイヤーが販売されていても、用途に詳しい店員さんはあまりいません。
しっかりと自分で正しいワイヤーを選ぶ必要があります。

 

・トイレの排水路の方向をよく見て

トイレが流れる方向は、2通りあります。
便器の前に立った時に奥側に小さな穴が見える場合は、その反対側の方に流れ、小さい穴が見えず、大きめの穴が見えたらそのまま奥に流れるという仕組みになっています。
流れる所を排水路といい、トイレで用を足し終えたら流れていきます。

 

 

~専用ワイヤーの使用方法~

トイレの詰まりを直すワイヤーには、ハンドルがついています。
このハンドルを引けるだけ引き、排水路の方向に入れていきます。
排水路に入りやすく、L字になっているので無理に入れ込む必要はありません。
また排水路に入れる時は、便器が支えになってくれるので、しっかり入ってくれます。
入れる時のコツは、少し上に向けた状態で入れた方が、入りやすくなっています。
ワイヤーを入れた時に何かにぶつかる感じがしたら、そこから思いっきり押し込まずにハンドルをゆっくりと回してください。
回すことで中に入っている螺旋階段のようにグルグルしているワイヤーが、塊を砕いて小さくしてくれます。
塊が砕かれて、流れると、水位は減っていきます。
その状態は、便器の中を見ることで詰まっているのか、詰まりが解消されたのかすぐに分かります。
水位が減ったのを確認したら、ワイヤーを抜き取り、先端の方を布などで綺麗に拭き、水が垂れるのを防ぎましょう。
また、終わった後は、トイレを流すレバーを回し、水を通常通り流した時に水位がしっかり正常に戻っているかの確認も怠らないようにしてください。

和式の時はどうするの?

先ほどは、洋式トイレの詰まりをトイレの詰まりを直すワイヤーでどのようにして改善するのかをお話ししました。
様式トイレ以外にも、和式トイレがあります。
和式トイレは、洋式トイレと違ってしゃがんでするトイレで、真空式パイプクリーナやラバーカップで詰まりを直すのはとても大変です。
しかし、トイレの詰まりを直すワイヤーを使うと簡単に詰まりを解消することが出来るので、和式トイレには最適な詰まり解消アイテムと言われています。
急遽、トイレの詰まりを直したいけれどワイヤーがないという場合は、針金ハンガーで代用することができます。
理由は、針金ハンガーは、ネジのような形やフックのような形など自由自在に形を変形することができる為、ワイヤーのような先端を自ら作ることができるからです。
その他にもペットボトルで自作したり、水をスポイトなどでとって、お酢と重曹をかける方法もあります。
その際は、泡がブクブクとしている中和反応が出てきますが、そのブクブクが汚れなどを綺麗にしてくれているだけなので心配する必要はありません。
中和反応が終わったら新しい水をいれて綺麗に流しましょう。
様々な方法があるため、自分に合う方法を探してみる事をおすすめします。

 

 

 

 

【自宅にある針金ハンガーでも詰まりが直せる!?】

洗濯ものを干す時に使う針金ハンガーでも詰まりを直すことができます。
自宅に必ずあるグッズであるため、緊急時にはおすすめです。

 

・つまりを直すための針金ハンガーの加工の方法

針金ハンガーの形は、主に3種類あります。
ハンガーの形によって用途が違うので、用途に合わせて使い分けてみてください。
色んなやり方があるので、どの用途がしっかり使えるのか試してみると良いと思います。

・ノーマルタイプ

ノーマルの形は、針金ハンガーの引っ掛ける部分を、潰すだけで作ることができます。
ノーマルの形は、先端を丸くしているため、しっかりと入りやすくなっています。

他のタイプとは違い簡単で1番にやりやすい方法です。
形は簡単に変えることができるので、ノーマルの形から自分が使いやすいように工夫することもできます。

・ぐるぐるタイプ

針金ハンガーは、手で簡単に形を変えることができるようになっています。
そのため、簡単にクルクル巻いて作る事ができます。
クルクル巻いて螺旋階段みたいなのを作る事でペットのうんちや固くて大きものなどを細かくするのに役に立ってくれます。

・釣り針タイプ

生理用ナプキンや子供のオムツが間違って流れてしまった時におすすめの形です。
詰まったものを引っ張り出すのには最適です。

 

 

 

~ハンガーでつまりを治す方法~

ハンガーのフックの部分を潰して細くしてL字の形にすると、オムツなどを間違って流してしまった時にとるのに役立ってくれます。

L字よりレ字の方が取りやすいのではないかと思ってる人も多くいると思いますが、レ字にし過ぎても上手く引っかかってくれなくなってしまうので、L字が軽く跳ねた状態を作ると取りやすいです。

先端を曲げているだけだと、便器内が真っ直ぐではなく曲がっているので、入りにくいです。

そのため、針金ハンガー自体の先端も軽く曲げてしっかり入るように工夫しましょう。
しっかり入りやすい形を作ったら、便器の中に入れて、届く所まで奥に入れます。

1番奥まで入ったら、ハンガーを回したり突いたりしていると塊が崩れて流れが良くなっていきます。

それでも心配なところがあれば、少しずつ流していって状況を見ながらやっていくのがおすすめです。

・必要なものは針金ハンガーのみ

針金ハンガーだけあれば大丈夫です。
本当にできるのと不安な人もいるかもしれませんが、ぜひ試してみて下さい。

・水激で詰まりを直す方法

準備するのは500mlのペットボトルを半分以下に切った小さなカップとバケツです。
ペットボトルをなぜ小さめに切るのかというと便器に溜まった水を移すと、自然と水位が低くなります。
そのままだと水が移せなくなってしまう場合があるからです。
そのため、小さめなカップを準備して置く必要があります。
汚水を移すため、手には、すぐに捨てれるビニール袋などをつけて、作業をしましょう。
汚水を便器から移す際は、なるべく全部汲み取るようにしてください。
水がなければ無いほど、次に水を入れる時に、水跳ねが軽減されます。
大きめのバケツなどで便器の中に水を入れる事で、1度にたくさんの水を入れることができるので、水激効果が持続されやすくなります。
できるだけ、自分の腰の高さ辺りから一気に水を入れてください。
そのかわり、道具を使わず水を一気に入れるので周り飛んでしまう可能性があります。
そのため、しっかり便器の周りを新聞紙やゴミ袋などで覆って水が飛んでも大丈夫なように対策した方がいいかもしれません。
もし1回で上手くいかなければ、同じ作業をもう1回する必要があります。

また、最初に水を便器の中なら移す時に、カップですくうのがめんどくさい場合は、灯油ポンプなどでも充分代用することができるので、試してみてください。

 

 

【ラバーカップ以外の方法の過去記事】

え?針金ハンガーや水激でトイレの詰まりって治せるの?

トイレの詰りを直したいなら苛性ソーダもアリ

 

今回は、ラバーカップ以外で詰まりを直せるグッズについてお話ししました。

 

是非、参考にしてください(*^^*)/♪