『マンションで詰りが多いのはキッチン』

 

 

排水管の洗浄をしていく中で最も多い詰りはキッチンって事を知っていましたか?

特にマンションやアパートは排管を共有することが多いので、詰まりやすいのです。

 

先日、高級マンションの60世帯分の排水管洗浄の依頼を受けました。
最も詰まっている箇所で多かったのはキッチンでした。
洗浄する所によって排水管からでる汚れの色がことなり、茶色からピンク色の汚れまでさまざまな状況でした。
詰まっている汚れによって色が違うため、色だけで何が詰まっているか判断できる場合もあります。
ピンク色の汚れは、細菌が強いため、体に悪影響を及ぼす可能性がありますので見つけたらすぐに綺麗にしましょう。
放置するのは、危険です。

 

今回はキッチンの詰まりの主な原因をまとめましたので、是非、ご覧になってみてください(^^)/

 

 

 

【キッチンの詰まりの原因】

 

・食べカスとゴミ
毎日料理をしていると無意識に食べカスやゴミなどが排水口に流れていってしまいます。
これが内部に溜まってしまうと詰りの原因となってしまいます。
そのため、目の細かいゴミをとるポケットを設置すると良いです。
できるだけ、排水口には流さないようにしましょう。

 

・油脂
食材そのものに脂分が含まれていると直接排水口に油を流していなくても油を流した事と同じ事になってしまいます。
少しなら大丈夫と思ってしまうかもしれませんが、脂は溶けにくく粘り気があるため排水口に流さない方が良いです。

 

・洗剤
洗剤は基本的に脂分を落とすことができますが、その成分が脂とくっつくと石鹸のように塊になってしまう事があります。
固まった物が排水管についたまま放置するとサイズが徐々に大きくなるため排水管を塞ぐ原因になる事から排水管が詰まってしまいます。
そのため脂分がしっかりとれる良いスポンジを使う事をおすすめします。

 

 

【キッチンの排水管を綺麗にするなら…】

 

・パイプクリーナー

パイプクリーナーを入れて少し放置した後、歯ブラシで擦ると綺麗に掃除する事ができます。
今回紹介する中で一番簡単な掃除方法かもしれません。

 

・ローポンプ
ローポンプがないお宅の場合は、ラバーカップや真空式パイプクリーナーでも代用する事が可能です。
できれば歯ブラシもあった方が良いです。
ローポンプを排水口にあててゆっくり押しつけ力を入れて引き上げると良いです。
それを数回繰り返すと詰りが解消されます。
排水口以外の所は歯ブラシでしっかりと掃除しましょう。

 

・ワイヤーブラシ
ワイヤーをゆっくりと排水口にいれて詰りを見つけたら、ワイヤーを回転させましょう。
そうする事で詰りが解消されます。
ブラシで排水口の汚れをとった後、最後にちゃんと水が流れるか確認して終了です。

 

 

【予防方法】

 

・野菜カスを流さない
野菜を切った後、排水口に野菜カスなどを流さないように工夫する事が大切です。
野菜カスなどが落ちても大丈夫なように袋の中に入れておくと良いかもしれません。

 

・脂汚れや焦げを流さない
基本的には、詰りの原因になるため、油汚れや焦げなどを流さないように注意する必要があります。
調理器具を水につけ、油汚れや焦げなどはできるだけ袋に入れて流さないようにしましょう。

 

・週1でパイプ用洗剤を使う
週に一度だけで良いので、排水管やごみ受けなどをパイプ用洗剤で洗いましょう。
そうする事で汚れがたまらず、詰りも防ぐ事ができます。

 

 

 

今回は、マンションでの排水管の詰まりで最も多いキッチンの詰まりについてお話しました♪

自分ではどうしようもない…!と思ったらお気軽に当社にご連絡ください(*‘∀‘)