『トイレの水が何故か止まらない時は?』

 

 

毎日トイレを使っているとたまに起きるトラブルと言えば水が止まらない現象ですよね。
今回は、そんなトラブルを解決する方法などをお話ししたいと思います。

 

【主な原因はトイレタンク】

トイレを使用するとき、レバーを回して汚水を流すと一定の量で止まるようになっています。
なのにも関わらず、流れる水がチョロチョロと流れ続けて止まる気配が見えない状態に遭遇したことはありませんか?

水が流れ続けていると水道代が高くなったり音も気になりますよね。
トイレの水が止まらない理由は、トイレタンクの調子が悪くなって起きてしまうことがほとんどです。
トイレのタンクを開けたことはある人も多いとおもいます。
タンクの中の構造は、そこまで難しくはなっていせん。
水がチョロチョロと流れ続けているということは、中の部品が破損してしまったり取れて無くなってしまっている可能性があるのです。

 

 

【自分でできる対処方法】

水の流れが止まらない場合は、止水栓をまずしっかりしまっているか確認します。
タンクの蓋を開けて、タンクの中に水が貯まっているか見ます。タンクの中にもし水が貯まっていない場合は、浮き玉と呼ばれている風船状のパーツがあるかどうかを確認してみてください。
そのパーツがしっかり機能していない可能性があります。
また浮き球の根本にあるポールタップと呼ばれているパーツや排水弁に被さっているゴムフロートなどが、古くなっていたり傷が付いてしまうことがあります。
傷ついている部品を使い続けていると、水が漏れてしまう事にも繋がってしまうので、ポールタップやゴムフロートなどの水垢や汚れを取っておくのがオススメです。
丁寧に洗っても汚れが落ちなかったり部品が破損してしまっている場合などは、ホームセンターなどで簡単に購入することができるようになっています。
同じものかを確認し、購入して新たに付け替えてみましょう。必要に応じての交換をオススメします。

 

 

 

【業者に依頼する前に確認しよう】

 

・水位線より水量が上

タンク内の水量が線よりも上の場合、水が溢れてきてしまいます。
便器の中にどんどん水が流れてきて、最終的に溢れてしまうのです。
水量が多くなってしまってる場合は、水量の調節と修理が必要になってきてしまいます。
最初に浮き球を持ち上げて、水が止まるか止まらないかの確認をしてみてください。
浮き球を持ち上げてタンク内に水がたまらない状態だと正常に動いている証拠になります。
水位調節は、ボールタップについている水位調節リングを回せば、水位を変えることができるようになっています。
もし浮き球を持ち上げても水が止まらない場合は、浮き球とボールタップの間にあるピストンバルブが壊れてしまっていることも考えられます。
給水をする度にピストンバルブは使われているので、消耗品になってしまっていつかは交換になってしまいます。
ピストンバルブだけを交換できない場合は、ボールタップ丸ごと取り替えが必要になります。

 

・水位線より水量が下

オーバーフロー管の水位線よりも水が下にある場合は、チェーンが絡まってしまっていたり、フロートバルブに異変が起きてしまっている可能性があります。
水を流すレバーとフロートバルブのチェーンが絡まってしまうと、フロートバルブが閉まらなくなってしまいます。
タンクの中を見た時にチェーンが絡まっていたら解いてあげる必要があります。

また、チェーンの長さは、適格な長さでないと水を止めることはできません。
こういう場合には、チェーンの真ん中ら辺を結んで長さ調節をするようにしてください。
フロートバルブに異変が起きていると、水が止まらず流れ続けてしまう危険性があります。
フロートバルブは、タンクの中に水を貯めるための蓋をしてくれる役割があります。
そこにサビやゴミが付いてしまうこと、蓋が閉まらなくなってしまい、水が流れ続けてしまうのです。
節水をするためにタンクの中にペットボトルを入れて工夫してる人達もいますが、これが異変を起こしてしまう原因かも。
酷いと、フロートバルブ自体が悪くなってしまっていることも考えられるので、気を付けてください。
タンクの中で起きてしまっている異変は、部品を交換するとしっかりと解決させることができるようになっています。
焦らずに状態を確認して、どうしたらいいのか考えて対応する必要があります。

 

 

トイレタンクの中の部品は、ホームセンターでも売られています。
自分で修理ができる場合は、部品を確認して購入すれば、交換をすることが出来ます。
状態によっては、自分で作業をして悪化してしまう可能性も考えられます。
原因がどこから起きているのかわからない場合や作業方法が分からないときは、業者を呼んで作業してもらうのが安全です。
タンクの中だから放置してもいいという訳ではありません。
異変に気づかず放置していると水道料金が高額になっていってしまいます。
異変を感じた時には、対処を遅らせずに、気づいた段階で修理するのがオススメです。
しっかりと対応しておけば、これからも安心して使い続けることが出来るので、業者を探す時は、水道局指定工事店から選ぶようにすると良いかもしれません。

 

 

今回は、トイレの水が止まらないときの対処方法などをお話しました。

ぜひ、参考にしてみてくださいね(*^^*)v