『トイレのボールタップ交換方法』

突然ですが、皆さんに質問です。

トイレのボールタップって知っていますか?
今回は、ボールタップについて詳しくお話ししたいと思いますので読んでみて下さいね。

 

 

【ボールタップの仕組み】

トイレを流すと水が流れ、トイレのタンクの中にあるボールタップが下に降りていくことで、水が溜まって行く仕組みになっています。
水位が増えるのと一緒に、ボールがどんどん浮いていき一定の量貯まると、給水が止まるようになっています。
ボールタップのおかげでタンクの中に水を貯める事ができます。
そして貯めることができた水でトイレを流すことが出来るのです。

 

・費用の目安

ポールタップを交換する時に、いくら金額がかかるのかを知りたいと思ってる人多いと思います。
部品交換をしようとしている時に、部品だけあればいいだろうと考えている人もいるみたいです。
ですが実際には交換用の部品と、取り外しに使う専門工具がなければ意味がありません。
工具をもっていたら、その分の工具のお金はかからなくなりますが、持っていない場合は、新たなものを購入する必要があるのです。
工具も部品も、ホームセンターで簡単に購入することが出来ます。

 

・ボールタップの価格

ボールタップ自体の金額は、物や種類によって異なります。
修理キットで部品と工具揃ったものを購入する場合、1番安くても2000円くらいします。
高いものだと5000円以上する物もあり、幅広い金額層で売られています。
工具を含まずに購入したらもう少し安く購入することが出来るかもしれませんが、それはお店で異なってしまうので、自分で確認してみてくださいね。

 

 

・工具類の価格

ボールタップを交換させるときに必要になる工具3種類の、基本的目安の金額を紹介していこうと思います。

1つ目がマイナスドライバーです。一般的には500円程で購入することができます。
2つ目はモンキーレンチです。基本的な値段だと1000円程。
3つ目はウォーターポンププライヤーです。一般的だと2000円程。

ボールタップとセットで購入したらものすごくお得な金額で手に入れることができるようになります。
ばらばらで購入すると、物だけでも10000円を超えてしまう金額でもあるので、セットで購入した方がお得になることも。

 

 

・自分で対処する方法

 

①止水栓を止める

水周りの作業をする前にしっかりと止水栓は締めておくようにしましょう。
締めておかないと作業中に水が吹き出してしまう心配があります。
マイナスドライバーで、止水栓の溝に当てて回していきます。
滑りが悪い場合などもあるので、その時には滑りやすくするスプレーなどを使用し、回していきます。
しっかりと奥まで回したら、水が漏れないようになっているかを確認して、作業を始めるようにして下さい。

取れたら、タンクの蓋を外していきます。

 

②タンクの蓋を開ける

止水栓を閉じたのを確認取れたら、タンクの蓋を外していきます。
タンクの蓋が陶器などですと割れてしまう心配も出てきてしまうので注意が必要です。

 

③給水管を外す

ボールタップはタンクの中にナットで固定されています。
モンキーレンチとウォーターポンププライヤーを使って、固定されているナットを外していきます。
ナットを外した後には、合間に含まれているパッキンもしっかり取って
ナットを外し終えたら、ボールタップ自体を取り出します。

 

④ポールタップを交換

外した順番とは逆で、順番につけていきます。
タンクの中から給水管に向けて、差し込みましょう。
内側には固定用パッキンを付けることを忘れないようにしてください。
パッキンを忘れてしまうと、しっかり閉まらせることも出来なくなってしまい、水漏れこ原因にもなってしまう可能性があるのでした。
しっかりとナットも取り付けて、つけ忘れがないようにして下さい。

 

⑤止水栓あけて水量を調整

ナットがしっかり付いたのを確認したら、止水栓を元に戻していきます。
元に戻したら水量調節をしっかりしていきます。
その時には漏れ確認とかもしっかりするようにしてください。
作業自体は難しくはありません。
自分で直すことに心配がある人は専門の業者にお願いしてやってもらうのがオススメです。

 

また、極力メーカーの正規品や純正品などを使用しましょう。

安価な粗悪品ですと、かえって壊れる原因になることも…。

 

 

【原因がボールナップじゃないかも…?】

ボールナップは正常なのに水が溢れる…詰まってしまったかも…

そんな時は是非、当社にお任せ下さい。お問い合わせお待ちしております☆