『トイレがつまるときの前兆と症状について知ろう』

ご家庭で年に数回ある事といえば「トイレのつまり」ですよね。
今回は、よくあるトイレのつまりの症状やトイレがつまる際の前兆についてお話ししたいと思いますので読んでみて下さいね。
以外と知らなかったといった内容が盛りだくさんかもしれません。
まずはつまりの前兆から学んでいきましょう。

まずはつまりの前兆を知る事

実はトイレがつまる際にはしっかりとした前兆があります。
主な前兆は以下の4つです。

・水を流した直後水の高さが高くなり徐々に下がっていく
この症状は、よくあるトイレのつまりの症状で、トイレの奥や下水が流れる途中で何かが詰まって水が流れなくなってしまいます。
ある程度放置しておくと水位は元に戻りますが、元に戻ったと思い放置してしまうといきなりトイレが詰まったという事態になります。
そのため、水位がなかなか下がらないなと感じた場合は早めに対処する事をおすすめします。

・タンクから水が出ていても流れが良くない
排水管のどこかで詰まっている可能性が高いです。
長い間放置していると先ほどお伝えした水を流した直後水の高さが高くなり徐々に下がっていく症状へと変化します。
できるだけ早めに対処する必要があります。

・タンクから水が少ししか出ない
トイレのタンク内にある部品が劣化している事が原因である可能性が高いです。
部品が劣化してしまうとタンクに水が溜まらなくなってしまう、タンクの水がずっと便器の中に漏れてしまうといった二つのトラブルが発生してしまいます。

・水を流した直後にゴボゴボ音がする
完全に詰まっているといったわけではありませんが、詰まる可能性が高い状態です・
放置しておくと水が流れにくくなってしまうので、悪化する前に排水管の高圧洗浄などを行う事をお勧めします。
そうする事で上記の症状は改善される傾向にあります。

トイレがつまる時の症状は?

・水力が弱く詰まる
水力が弱まる原因は主に二つあります。
トイレの小ボタンを押して流している又はタンク内の水量が少ない事です。
水力が弱いとはトイレがつまってしまう原因となってしまいますので注意しましょう。
・固形物を誤って流してしまった
水に溶けないもの以外は、流してしまったものを取り除かなければいけませんが、専門業者に取り除いてもらう必要があるかと思います。
ちなみに誤って流してしまったものの中で、生理用品やトイレの掃除道具を流してしまう方が多いです。
中には、置物を流してしまう人も居るようです。

最後に
今回は、トイレがつまる際の前兆やトイレがつまる時の症状についてお話ししましたが、トイレのつまりの状況によっては、自然につまりが解決する場合もあります。
トイレのつまりで困っている方やトイレの排水管の高圧洗浄をしたい方は、当社へ是非ご依頼ください。