『シャワーヘッドやガランから水漏れした時の修理方法

 

 

 

突然ですが皆さんに質問です。
シャワーヘッドやガランから水漏れした時の修理方法って分かりますか?
いきなり聞かれても分からないという方が多いと思います。
そんな方向けにシャワーヘッドやガランから水漏れした時の修理方法についてお話ししたいと思います。

 

 

【シャワーヘッドやガランから水漏れしている時は?】

 

水漏れの原因は、開閉バルブの劣化で壊れてしまう場合が多いようです。
劣化などで壊れてしまった場合は、部品交換をすれば直りますがバルブを作った会社によっては交換方法が異なります。
交換の仕方を確認しながらやるようにしましょう。

 

・開閉バルブの交換方法

①本体の左右にについている止水栓を、しっかりと閉めてください。
しっかり閉めたのを確認したら、ハンドルをとっていきます。

②引っ張って取ります。
ハンドルの形によっては、引っ張ってもとれない場合があります。
その場合には、ハンドルの真ん中の色のついた蓋をはずして中のネジを取ると、ハンドルを取ることができます。
次にやるのは、カランやシャワーのマーク等がついているリングをとってしまいます。
※リングが破損してしまう場合がありますので注意!

③リングを外したら、固定ナットを外していきます。
固定ナットはものすごく固いため、素手で外すことはできません。
そのため固定ナットを外す時には、ウォーターポンププライヤー
を使うようにしましょう。

 

 

ウォーターポンププライヤーは、ホームセンターなどで簡単に手に入る道具です。

④ウォーターポンププライヤーで白い器具のスペーサーと言われるものを取ります
スペーサーは、バルブを軸に固定してカランとシャワーを切り替える時に、音を出してくれます。

⑤スペーサーを取り終えたら、開閉バルブを取りはずします。
開閉バルブは、スペーサーと同じように引っ張るだけて簡単に外すことができます。

⑥古い開閉バルブを外したら、新しい開閉バルブを付けます。
開閉バルブをつけ終わったら、取り外した順の逆の順番で部品を一つずつ戻していきます。
外した順番を間違えないように気をつけて、戻すようにしてください。
つけ直すときも、リングなどの破損しやすい部品等には注意して戻していくようにしてください。

 

 

 

【シャワーホースから水漏れするなら…】

シャワーホースの隙間から水漏れがある場合は、パッキンが古くなっているため隙間から水漏れが発生してしまいます。
チューブに穴が空いたりしている以外で隙間から水漏れしている場合は、パッキンを交換することで水漏れは解消することができます。
パッキンは、ホースとシャワーヘッドの間にあります。

 

・パッキンの交換方法

 

①シャワーヘッドをとっていきます。

シャワーヘッドは、回せば簡単に取ることができます。

②ホース側についているパッキンを新しいのに交換します。
パッキン自体を交換するときに必要な工具などはありません。

パッキンを交換しても別の場所から水漏れをしてしまう場合には、漏れてるところの周辺のパッキンを交換して様子を見るようにしてください。
パッキンのサイズが違ったり、つける場所が合っていないと水漏れは直りません。
つける位置や、サイズをしっかり確認した上でつけるようにしましょう。

水道まわりの作業する時は必ず、元栓を閉めて作業をするようにしてください。
元栓を閉めないで、ハンドルを取ったりすると水が一気に吹き出してしまうこともあります。
そのため、元栓をしっかり閉めて作業する必要があります。

部品をすべて戻した後、水漏れがないか確認をしっかりするようにしてください。
水道のハンドルを回さない状態で水漏れがある場合は、ハンドルを回さずに元栓を止めて直していくようにしましょう。
水漏れが完全に解消されていないのに、水を出し続けたりしないようにしてください。
水漏れの状態が続いているまま放置していると、悪化して吹き出してしまう可能性もあります。

 

 

【自分で直せないときは?】
今回シャワーヘッドやガランの修理方法についてお話ししましたが、このコラムを読んでも修理方法が分からないという方が多いと思います。
そんな方は、長年の知識がある当社にお問い合わせください。
すぐに解決いたします!

 

今回は、シャワーヘッドやガランから水漏れした時の修理方法をお話ししました。
是非、参考にしてみてください☆