『システムトイレとは?』

 

 

昭和で主流だったトイレと言えば和式トイレでした。
それから時代が平成へと変わり水洗トイレが主流となりました。
最近では、システムトイレという物が登場し注目を集めています。
システムトイレとは何かなど基本的な情報をお話ししたいと思いますので読んでみて下さいね。

 

 

【システムトイレって何?】

通常のトイレとの違いといえばシステムトイレは、トイレの中に便器以外に収納や手洗い器があることです。
その他に部屋の内装を白だけでなく青やグレーなど好きな色に変える事ができます。
様々な箇所を自由に選ぶ事ができるためオーダーメイドトイレと言えるかと思います。
今までは、排水タンクの上に手を洗う所がついていましたが、システムトイレは、別々で手洗い器をつける事ができます。
そのため、ハンドソープや消毒などを置く事ができます。
システムトイレのトイレは、主に2種類あります。

 

収納一体型トイレ…貯水タンクと便器が一体型となっている場合が多く、収納スペースを便器の後ろにおき、タンクを見えないようにしています。

タンクレストイレ…タンク自体がないのでタンクの後ろに収納スペースを作る必要がありません。
そのため、自分が良いと思った所に収納スペースなど作ることができます。

 

 

その他にもカウンターを設置することができるという所もシステムトイレの利点です。
カウンターを置く理由は、胸ポケットなどに入れているスマートフォンや名刺入れなどを便器の中に落とす事をさけるため、一度胸ポケットから取り出して置いておくスペースの事です。
公衆トイレを使う際に便器の後ろや左右にあるものと考えると分かりやすいかもしれません。
一体型トイレは、タンクを見えないようにするために便器の後ろ側に収納スペースがあります。
左右どちらかにカウンターを設置するとL字型になる仕組みです。
タンクレストイレの場合は、タンクを隠す必要がありませんのでどちらか一方にカウンターを設置するだけでOKです。

 

 

【メリット】

 

・収納スペースの確保ができる
システムトイレは、収納スペースがあるため、予備のトイレットペーパーや洗剤や掃除用具など置いておく事ができるため、トイレがすっきりして広い空間を確保する事ができます。

・完成後のイメージがしやすい
水洗トイレとは違いトイレの収納スペースがあったり、内装を好きな色に変える事ができるなど室内のデザインを自由に行えるため、工事などをする前にシステムトイレのイメージを確認する事ができます。

・工事がほとんど必要ない
元々ある配管を再利用するため、工事自体をあまりする必要がありません、
そのため、水洗トイレに変えるよりは安く変える事ができます。

 

 

 

【デメリット】

 

・パーツ交換ができない
基本的にシステムトイレのタンクレストイレや一体型トイレは、便器やウォシュレットなど一体型のため、故障してしまうと丸ごと交換しなければなりません。
メーカーの保証期間があっても1年や2年程度のため、3年目以降にすぐ交換しなければならないといった事になりかねません。

・広いスペースが必要
システムトイレの場合、手洗い器や収納スペースなどトイレを置く場所とは別に準備しなければなりません。
そのため、システムトイレを置く場所とは別に手洗い器や収納スペースなどを置く事ができるかどうかしっかりと寸法を計ってから、設置するようにしましょう。

・価格の問題
システムトイレの料金の他に内装料金や収納スペースを作る料金や手洗い器
を設置する料金がかかってしまうため、水洗トイレに比べて割高となってしまう傾向にあります。

・水漏れしやすい
システムトイレの場合は、タンクや排水管などないため、水漏れはしにくい構造となっています。

・詰まりやすい
詰まりやすさは、洋式トイレと変わりません。
しかし、タンクレストイレは、直接水道から水を流す仕様のため、一定の水圧が必要になってきます。
水が漏れた際に水圧が下がると便器に一定の水を送り込めなくなるので注意が必要です。

 

 

 

【収納スペースはどんなのがある?】

システムトイレ自体を選んだら、次に選ぶのは、収納スペースと手洗い器です。
依頼する会社にもよりますが、収納スペースは、12ロールのトイレットペーパーが全て入る丸ごと収納できるものや、サイズは大きくなく奥行きがあるスリムタイプ、高さのない収納タイプ、ボール型デザインの独立タイプなど様々なものがあります。
オプションで手洗い器の蛇口、紙巻き器、タオル掛け、化粧鏡、手すりなど取り付ける事ができます。
便器カラーもピンク、アイボリー、ベージュ、ブラウンなど様々な色があります。
キャビネットカラーもダークグレー、ベールグリーンなど様々な色があります。
キャビネットのタイプもカウンターありやカウンターなしなど選ぶ事ができます。
手洗い器の位置も自由に変更する事ができます。

会社によってカスタムできる内容や料金が異なりますので、何社か見積もりをとって自分に合う会社がどこかしっかりと吟味しましょう。
そうする事で後悔せず、システムトイレに変更する事ができるはずです。

 

 

今回はシステムトイレについて、お話しました。