『お風呂の排水口のフタをとると掃除が楽!』

 

 

実は、お風呂の排水口のフタをとる事で掃除がかなり楽になるって知っていましたか?

知らなかった方向けに詳しく説明したいと思いますので、読んでみて下さいね。

 

 

【排水口のフタはカビやすい】

お風呂場の排水口の蓋は、普段から丁寧に掃除していてもカビがすぐ出来てしまいます。
蓋の裏にカビがとてもできやすく、蓋を引っ掛ける突っ張りの部分にも黒カビができやすくなっています。

 

・排水口にフタがある理由

どれだけ綺麗に洗ってもカビやすく汚れやすい蓋がついている意味があるの?と考えている人もいると思います。
蓋は、髪の毛が排水口に流れるのを防いでくれたりもします。
しかし、完全に抑えられるのでは無く、時には流れてしまうことも…。
また蓋は、排水口の中の汚れを見えないようにする役割もあります。
汚い中身が見えないのは良いですが、すぐカビだらけになってしまうのであれば、ない方が良いと考える人もいると思います。

 

 

【フタをとると掃除がしやすい!?】

 

・フタが汚れない

蓋があるとカビが出来やすいので、単純に蓋を取ればカビ取りを頻繁にする事が減ります。
もしお掃除を疎かにしてしまう時があった場合には洗うのも大変になってしまいます。
蓋を引っ掛ける部分には黒カビが多くあり、見たくないって思う人も多くいるのではないでしょうか?
そのため、掃除を頻繁に出来ない人でもそんな心配をしなくて良いように、蓋を完全にとると楽なのです。

 

・汚れているのが一目瞭然

蓋をとると、排水口の中の汚れがはっきり見えてしまいます。
その分、掃除をしなければ、気持ちよく使用することが出来ません。
今までは排水口の入口の掃除だけしてれば表面上は綺麗に見えていたものが、排水口の中まで綺麗にしなくてはいけなくなります。
中の掃除なんてしなくてもいいのでは?と思う方もいらっしゃると思いますが、放置すると排水口が詰まりやすくなってしまうのです。

詰まってしまうと除去作業にお金がかかります。
嫌でも目に入ってしまうからこそ、汚れが酷くなる前に対処できるというわけです。

それに、酷くなると汚れを落とすのも一苦労ですが、簡単に落ちる汚れの段階でやるとサッと終わります♪

掃除が苦手な人こそ、こまめにやるべきなのです。

 

 

【フタがなくても意外と問題ない】

排水口の蓋をとってしまっても、特に大きな問題はありません。
見栄えが変に悪くなることもありません。
蓋をとるとカビにくく汚れずらくなってくれます。

キッチンの排水口の蓋も同じようにとっても大丈夫です。
黒いゴムでできた蓋がついている排水口も多くありますね。
この蓋の名前は菊割れフタといい、ゴムでできているのでまとめて排水口に流れる心配もなく、自分でしっかり奥まで押すと絡まらずに流れてくれます。
菊割れゴムを使っていると、生ゴミが溜まっていてもいなくても、カスが飛び散ってしまい、悪臭の原因にまでなってしまいます。
ついてるカスや悪臭はとりづらくで綺麗にするのも大変です。
掃除が苦手な方は思い切って取ってしまいましょう!

 

 

 

今回は、排水口のフタをとると掃除が楽というお話しをしました。

汚れは溜まってしまうと詰まりの原因になります。

お風呂を洗うとき、シャワーを浴びるときやお皿を洗うときなど何かの「ついで」に掃除ができるので排水口の蓋を取るのはオススメです(*^^*)

もし、詰まってしまったり悪臭がしてくるなどございましたら、株式会社エースにお気軽にご相談ください♪