キッチンやお風呂、洗面台などの水回りから下水の臭いや生ごみ臭がしたり、洗濯物がカビ臭かったり雑巾臭かったりと、悪臭が漂うことにお悩みのご家庭もあると思います。その原因は、排水口(排水溝)からいやな臭いがするからかもしれません。ある程度の悪臭までなら、日々の排水口のお手入れを工夫するだけで改善できます。ただし、あまりにも臭いが強すぎる場合、別の対策が必要かもしれません。ここでは、排水口の悪臭の種類と原因、自分でできる対策法についてご紹介します。

排水溝と排水口の違い

排水口と排水溝という言葉があります。一般的に排水口が水回りにある丸形の受け皿を指すのに対し、排水溝はドブの溝のことを指す点が基本的な違いです。ただし、排水口を指して排水溝と呼んでいる人も多く見受けられます。ここでは、排水溝(排水口)という考えから、主にキッチンやお風呂、洗面台の悪臭の原因や対策を取り上げます。

排水口の臭いの種類と原因

排水口から発生する悪臭はさまざまです。ただし、ご家庭や排水口の状況によって臭いの種類が異なるケースが少なくありません。考えられる臭いの種類と主な原因について見てみましょう。

下水の臭い

部屋に下水のような悪臭が充満することもあるでしょう。これは下水管から上がってくる臭いを止める排水口のトラップがないか外れている、または排水トラップの水がなくなっているときに起きます。

生ごみ臭い

キッチンのシンクから生ごみのような臭いが漂うことがあると思います。シンクのゴミ受けに食べかすが溜まっていたり、排水口がヌルヌルと汚れていたりしないでしょうか。また、排水トラップが外れていたり封水がなくなっていたりすることが原因かもしれません。

カビ臭い

洗濯機や洗濯ものがカビ臭いと感じるときは、洗濯層の周りにカビが繁殖していることが原因です。洗剤のカスやほこりを媒介してカビは繁殖します。目に見えなくても、衣服を着たときにかゆいと感じるときは黒カビが原因かもしれません。

雑巾臭いまたは生臭い

雑巾臭さや生臭さが気になることがあるでしょう。たとえば、洗濯機にお風呂の残り湯を使っているとき、洗った衣類を洗濯機の中に入れたまま干さずにいるときなど、洗濯物からこのような臭いが発生します。ただし、これらは雑菌が繁殖しているだけなので、ほとんどのケースでは排水口の臭いとはありません。

自分でできる排水口の臭いの解消法

排水口の臭いはある程度なら自分で解消できます。ここでは、キッチン、お風呂、洗面台の臭いを解消する方法を見てみましょう。

キッチン

キッチンの悪臭は食べかすの酸化が疑われます。そこで、以下の方法で排水口の掃除を試してみましょう。

・用意するもの

重曹(1カップ分)

酢(30ml程度)

洗剤

スポンジ

古い歯ブラシ

・方法

まずは排水トラップを洗います。表面は洗剤を付けたスポンジで洗い、分解して網目のゴミの詰まりを歯ブラシでこすりましょう。汚れを落としたら、重曹を3,4回に分けて排水口へ振りかけます。その後、お酢を回し掛けして、お湯をかけたら10分から15分放置して完了です。なお、長時間放置すると汚れが固まるため、30分以上は放置しないようにしましょう。

・臭いが取れる理由

重曹とお酢はアルカリ性です。食べかすから発生する臭いは酸性なので、アルカリ性で臭いを中和すると考えられます。また、重曹とお酢は殺菌作用があり、ぬめりや汚れも落とすことが可能です。目に見えない汚れを落とすことができます。

お風呂

お風呂の悪臭はぬめりや水垢が原因かもしれません。そこで、以下の方法で排水口の掃除を試してみましょう。

・用意するもの

重曹(100cc)

クエン酸(小さじ1/2)

水(100ml)

洗剤

スポンジ

熱湯

・方法

まずは排水口のふたを開けて、溜まった髪の毛やゴミ、水垢をできるだけ取り除いてスポンジで汚れを落としましょう。次に重曹を3,4回に分けて振りかけます。次に、水とクエン酸を混ぜて回しかけたら20分以上放置してください。仕上げにスポンジで排水口を磨いたら、最後に熱湯をかけて掃除完了です。

・臭いが取れる理由

重曹とクエン酸は化学反応で発泡します。この化学反応が起きたときに汚れが落ちるのです。また、水垢はアルカリ性の汚れなので、クエン酸のような酸性で掃除するのが有効だと言えます。

洗面台

洗面所の排水口の臭いの原因はパイプが詰まっている可能性が高いです。そこで、以下の方法で排水口の掃除を試してみましょう。

・用意するもの

重曹(大さじ1杯)

酢(30ml)

プラスチックカップ(使い捨て)

・方法

しばらく家を空けていて洗面台から悪臭がした場合、まずは勢いよく水を流してみましょう。それでも臭いがするならゴミ受けの掃除を行います。また、大さじ一杯の重曹とお酢30mlをプラスチックカップに入れ、ゴミ受けを浸して半日程度放置してください。最後に水で洗い流して完了です。

・臭いが取れる理由

排水口は、排水管のS字部分に水を貯めて臭いの逆流を防ぎます。しかし、夏場や長期間放置した場合は水が蒸発することがあり、臭いの原因になるのです。また、洗面台の排水口に髪の毛や皮脂汚れが流れることもあります。これらを取り除くことで匂いが取れるかもしれません。

高圧洗浄で排水口を洗浄

自分で排水口の臭いを取る方法をご紹介しました。しかし、この方法はあくまで表面の汚れを落とすだけで、排水管の奥のほうに臭いの原因がある場合は対処できないかもしれません。排水管から嫌な臭いがするときは高圧洗浄をしましょう。

高圧洗浄とは

高圧洗浄とは、加圧した水を噴射する衝撃力で汚れを落とす方法です。排水管の場合、手が届かないところを掃除するためしばしばこの方法を用います。たとえば、お風呂場や洗面所の排水口に詰まった髪の毛や皮脂、キッチンの排水口にこびりついた油汚れなど、高圧洗浄で除去が可能です。

高圧洗浄の費用

高圧洗浄の相場は業者によって異なります。戸建て住宅の場合、キッチン、浴室、洗面台、洗濯排水などの水回りに加え、外の配管まで作業して2万円から3万円以内が相場です。マンションの場合、毎月家賃と一緒に徴収される管理費から賄います。業務用に比べると出力は弱いですが家庭用の高圧洗浄機もあり、こちらは1万円前後で購入可能です。ただし、高圧洗浄が必要なほどに排水口の臭いが気になる場合、期待するほど効果が見込めないかもしれません。

高圧洗浄の頻度

戸建て住宅は、新築の場合は5年以内に1回、築5年以上の物件は2年に1回のペースで排水口の高圧洗浄を行います。アパート・マンションの場合、年1回程度の作業がよいでしょう。ただし、マンションの場合は管理会社側で判断することが多いです。定期的に管理会社や管理人から連絡が来るため、都度確認するようにしましょう。

まとめ

キッチン、お風呂、洗面台を中心に排水口の臭い対策をご紹介しました。まずは排水口の臭いが原因なのかを突き止めたうえで、必要に応じて排水口の掃除をするようにしてください。重曹とお酢またはクエン酸があれば、たいていのケースでは悪臭を除去することができます。もし、これらの方法で改善しない場合、排水口ではなく排水管の奥の部分に臭いの原因があるかもしれません。もしご家庭での掃除で排水口の臭いがよくならない場合、当社は高圧洗浄での排水管清掃が可能です。排水口の臭いが気になるときはお気軽にご相談ください。